ちょっとニッチなマンガや二次元作品
男性におすすめのアイテムなどを紹介します!

ツンデレ&ロリが最強!のラブコメ漫画【姫乃ちゃんに恋はまだ早い/ゆずチリ】のおすすめポイント

おすすめマンガ

わたしには、小学校5年生の息子がいまして。

息子には同級生のAちゃん

というガールフレンドがいます。

 

とても可愛らしい女の子で、

ちょくちょくウチに遊びに来ては

2人で「Nintendo Switch」。

 

そう、ちょうど今回紹介する漫画

『姫乃ちゃんに恋はまだ早い』にでてくる

「姫乃ちゃん」と「翼ちゃん」を足して

二で割ったような女の子なんです。

 

いつまで一緒に遊んでくれるのか分かりませんが、

せめて小学校を卒業するまでは

今のまま仲良しでいてほしいなと、

親としては思っています。

 

 

ということで今回紹介するのは、小学生の

ラブコメ漫画『姫乃ちゃんに恋はまだ早い』。

 

いまどきの小学生の日常を軸に、

オマセな女の子の恋心を

テンポよく描いたラブコメディー。

 

思わずプっと吹き出してしまったり、

爆笑してしまったり、

ほんわかしたり。

 

ゆる~くサクッと読めて面白い、

作者のセンスの良さが感じられる

おすすめの一作です。

 

姫乃ちゃんに恋はまだ早いの作品データ

【作品概要】

メッチャおませな小学校4年生・相川姫乃

(あいかわ ひめの)ちゃんと

 

彼女が想いを寄せるメッチャ普通の4年生男子

オージくん(堂本逢司)を中心にしたラブコメ。

 

姫乃ちゃんのオマセぶり

勘違いぶり

ツンデレぶり

がさいっこうにカワユイです。

 

【作品データ】

作品名姫乃ちゃんに恋はまだ早い
作者ゆずチリ
連載誌くらげバンチ(新潮社)
連載期間2018年(平成30年)~
単行本既刊5巻
電子書籍あり
  • 本記事の内容は、投稿日時点での連載内容に基づいています。

 

姫乃ちゃんに恋はまだ早いのおすすめポイント(ツンデレ&ロリが最強)

それでは本作『姫乃ちゃんに恋はまだ早い』の

おすすめポイントを紹介していきます。

 

まぁ普通の感想ブログなら、

登場人物やあらすじなんか書いて…。

 

自分が小学生の時を思い出しました♪

あなたも昔を思い出しながら読んでくださいね♪

 

とかで終わるのでしょう…。

 

が!

 

当サイトではそんなことは書きません。

 

なぜなら、この漫画の魅力は

ヒロイン姫乃ちゃんのかわいさに尽きるから。

 

そして、そのかわいさを生んでいるのが

ツンデレ&ロリの魅力。

 

そこで当記事では、

姫乃ちゃんのかわいさにスポットを当てて

本作の面白さを紹介していきます。

 

 

わたしは漫画やアニメに登場する

「ツンデレ娘」が大好き。

 

ツンデレほど男心を刺激する存在はありません。

 

そして「ロリ系のキャラ」も大好きです。

 

ロリ系ほど女の子の可愛さを

表現できるキャラはありません。

 

一般的にツンデレ娘=ロリ系キャラ

のパターンが多いので、

ツンデレ+ロリがわたしにとっては「最強」。

 

ま、この漫画はロリ系ではなく、

正真正銘のロリなんですけど…。

 

さて、そんなツンデレ&ロリヒロインとして

本作に登場するのは、

小学校4年生の相川姫乃ちゃん。

 

彼女が思いを寄せる相手が、

隣の席に座る堂本逢司(オージ)くん。

 

この2人を中心に

小学生の日常をコミカルに描いたラブコメ

として物語は進んできます。

 

 

ヒロインの姫乃ちゃんは、

とてもオマセで口うるさく

同級生の男子にとっては

ちょっとウザい存在(ツンの一面)。

(©ゆずチリ/姫乃ちゃんに恋はまだ早い 第2巻)

 

ですが…。

根は真面目で気立てのいい女の子。

(©ゆずチリ/姫乃ちゃんに恋はまだ早い 第2巻)

 

そして、デレ方もかわいい

というヒロインです。(注:小学生⤵)

(©ゆずチリ/姫乃ちゃんに恋はまだ早い 第2巻)

 

ツンデレ娘が出てくる作品は数多くありますが、

この漫画の上手いところは

ツンとデレの対比が極端なところ。

 

子供(小学生)ゆえの感情の起伏の激しさが

すごく上手に描かれているんですね。

 

この辺は、ゆずチリ先生のセンスの良さ

がうかがえます。

 

例えば、

第2巻に収録されたダイエットのお話しでは…。

 

【悩んで】

(©ゆずチリ/姫乃ちゃんに恋はまだ早い 第2巻)

 

【笑って】

(©ゆずチリ/姫乃ちゃんに恋はまだ早い 第2巻)

 

【怒って(ツンとして)】

(©ゆずチリ/姫乃ちゃんに恋はまだ早い 第2巻)

 

【もじもじして、また怒って】

(©ゆずチリ/姫乃ちゃんに恋はまだ早い 第2巻)

 

【最後に喜ぶ(デレる)】

(©ゆずチリ/姫乃ちゃんに恋はまだ早い 第2巻)

 

1話の中で、

これだけの感情の移り変わりを見せてくれるため、

 

コロコロ変わる表情やしぐさとともに

恋に悩む女の子の可愛さが

率直に伝わってくるんです。

 

作者であるゆずチリ先生の描くキャラ絵も

イイですね~。

 

濃くもなく薄くもなく、

メチャメチャ上手いわけでもなく、

かと言って下手でもない絶妙のペンタッチ。

 

こういうキャラ絵は好きです。

 

ツンデレキャラって、

ツルペタのロリ系が多いじゃないですか。

 

で、エロい感じに描かれちゃうことも

多いんですけど…。

 

この漫画は正真正銘のロリ漫画でありながら、

エロい系の要素はまったくありません。

 

それもゆずチリ先生の描く

キャラ絵の賜物かなと思っています。

 

そもそもエロいシーン自体ないんですが、

こんな(⤵)水着のシーンも全くエロくない。

(©ゆずチリ/姫乃ちゃんに恋はまだ早い 第1巻)

 

こうしたシーンにも

ちゃんとデレとツンが入っているので、

やっぱり上手いなぁと思ってしまうのです。

 

ちなみに後ろのおねーさんは、

姫乃ちゃんのおねーちゃん。

(大学生だったかな)

 

各エピソードには

必ず姫乃ちゃんのツンデレが入ってますし、

最後は必ずオチで終わるという読後感も◎。

 

周りを固めるキャラクターも

しっかりと作り込まれていて好感が持てます。

 

 

真面目に真剣に読み込む漫画ではありません。

サクッと手軽に小学生の日常で笑える漫画です。

 

ツンデレやロリが好きな人はもちろん、

ゆる~いラブコメが好きな人にもおすすめできる

『姫乃ちゃんに恋はまだ早い』。

 

現在コミックスは5巻まで発売され、

姫乃ちゃんは5年生になっています。

 

さらに登場キャラも増えて

ますます目が離せない展開。

 

姫乃ちゃんのかわいいツンデレぶり。

そして恋の行方はどうなるのか? など。

 

本作に興味のある方は、

わたしがふだん利用している電子書籍通販サイト

「ebookjapan」で試し読みしてくださいね。

 

ebookjapanの公式サイトを見に行く

 

【おまけ】姫乃ちゃんに恋はまだ早いのおすすめポイント(天然&ロリも最凶)

最後におまけとして、

もう一人のロリキャラ・高岸翼ちゃんを

チラッと紹介して終わります。

(©ゆずチリ/姫乃ちゃんに恋はまだ早い 第1巻)

 

翼ちゃんは、姫乃ちゃんとは対極に位置する

「天然系」の女の子。

 

男の子とか恋とか、そういうのまったく頭になし。

 

一緒に男の子たちとゲームしたり鬼ごっこしたり、

オージくんたちを仲の良いトモダチ

としてみている無邪気な小学校4年生です。

 

 

そして、この漫画を面白くしているのは

姫乃ちゃんと翼ちゃんの関係。

 

男の子ということを意識していない翼ちゃんは、

オージくんたち男の子の輪に

平気で加わっていきます。

(©ゆずチリ/姫乃ちゃんに恋はまだ早い 第2巻)

 

それを「オージくんのことが好きなんじゃ…」

と勘違いする姫乃ちゃんがまたカワユイ。

(©ゆずチリ/姫乃ちゃんに恋はまだ早い 第2巻)

 

このくらいの年齢だと、男の子と遊ぶことに

全く抵抗のない女の子もいますもんね。

 

その素直な無邪気さ(天然さ)が

これまたかわいい。

 

天然だからイヤミもなく、

こんな(⤵)セリフも言えちゃう

ステキな女の子なんです。

(©ゆずチリ/姫乃ちゃんに恋はまだ早い 第2巻)

 

この翼ちゃんがどう成長して活躍するのか?

そのあたりも気にしながら、

姫乃ちゃんに恋はまだ早いを読んでくださいネ。

 

ebookjapanの公式サイトを見に行く

 

 

なお、本作と同じく小学生が主人公の漫画を2つ

下の記事で紹介しています。

 

こちらの作品は、

ラブコメではなく「エロコメ」です。

ロリ&ハーレムのタイムリープエロ漫画!【無邪気の楽園/雨蘭】のおすすめポイント
今回紹介するのは、 雨蘭先生の「無邪気の楽園」という作品。 25歳のヒキニートが みじめな人生をやり直すため 小学校5年生にタイムリープ! ココから始まる人生逆転漫画! …ではなく。 みじめな人生を カワイイ...
期待度No.1のロリコメエロ漫画!【俺はロリコンじゃない!/雨蘭】のおすすめポイントを紹介
今回取り上げる漫画は、 以前「無邪気の楽園」という作品を紹介した 雨蘭先生の「俺はロリコンじゃない!」。 主人公の男性が小学生にタイムリープしてしまう 「無邪気の楽園」とは逆に、 本作品では22歳のヒロインが 小学校5年生に...

 

テキストのコピーはできません。