ちょっとニッチなマンガや二次元作品
男性におすすめのアイテムなどを紹介します!

おすすめのお色気ギャグ漫画【健全ロボ ダイミダラー/なかま亜咲】下ネタギャグが秀逸すぎ!

おすすめマンガ

今回おすすめする漫画は、

なかま亜咲先生の「健全ロボ ダイミダラー」。

 

コミックスの表紙だけ見ると

ロボット漫画のように思えますが…。

 

騙されないでくださいね。

ロボット漫画ではありません。

 

お色気ギャグ漫画です。

 

まぁロボットも出てくるんですけど…。

正統派ロボット漫画だと思って

ジャケ買いすると痛い目にあいます。

 

なので、ギャグ&お色気漫画

だと思って読み進めてください。

 

そうすれば、必ずや満足できる作品

であることを保証します。

 

健全ロボ ダイミダラーの作品データ

【作品概要】

地球に危機が迫る!

人類に迷惑をかけるために現れた

謎の「ペンギン帝国」。

 

それを阻止するべく立ち上がった

正義の組織「美容室プリンス」。

 

美容室プリンスが開発した

Hi-ERo(ハイ-エロ)粒子をエネルギーとする

スーパーロボット・ダイミダラーを駆って、

性欲で街を守り抜け!

 

【作品データ】

作品名健全ロボ ダイミダラー
作者なかま亜咲
連載誌Fellows!(エンターブレイン)
連載期間2008年(平成20年)~2012年(平成24年)
単行本全4巻
電子書籍あり

 

健全ロボ ダイミダラーのおすすめポイント①(秀逸な下ネタギャグ)

まず最初に、本作「健全ロボ ダイミダラー」の

ストーリーをかいつまんで紹介します。

 

【健全ロボ ダイミダラーのストーリー概要】

舞台は地球。

 

ある目的のためにHi-ERo(ハイ-エロ)粒子

と呼ばれるエネルギーを狙って

「ペンギン帝国」が地球にやってきます。

 

迎え撃つは、

スーパーロボット・ダイミダラーを擁する

地球の組織「美容室プリンス」。

 

主人公の高校生

真玉橋孝一(まだんばし こういち)は、

 

ダイミダラーを操縦するために

不可欠な要素である「Hi-ERo因子」を

その体に宿しており、

美容室プリンスから協力を要請されます。

 

美容室プリンスの構成員

楚南恭子(そなん きょうこ・23歳・巨乳)

いわく、

 

ダイミダラーはHi-ERo因子を持つ人間

でなければ操縦できないとのこと。

 

突然の意味不明な説明に戸惑う孝一くん。

 

しかし、彼がHi-ERo因子を持っていることは

ペンギン帝国側も把握しており、

そのせいで敵のロボットに襲われるハメに。

 

そこへ現れた、ダイミダラーと恭子。

 

仕方なく

コックピットに乗り込む孝一でしたが、

Hi-ERo粒子が足りないため、

ダイミダラーはピンチに陥いるのでした…。

(©なかま亜咲/健全ロボ ダイミダラー)

 

そんな状況を打破するため、

孝一くんは恭子さんに

こんなことを言いだします。

 

孝一:

よお、Hi-ERo粒子が足りないなら

充填してやるってのはどうだ?

孝一:

つまり俺が作った粒子を

ダイミダラーに補給できるか?ってことだ。

 

恭子:

で、できるわ。

恭子:

というか、ダイミダラーは

本来そうやって操縦するものなの。

 

孝一:

なら決まりだ、今から俺が

Hi-ERo粒子を全開でブチかます!

孝一:

エネルギーを満タンにして

必殺武器を使うぜ!!

孝一:

そういうわけだから、恭子…。

 

乳揉ませろ!

 

そう、孝一くんが

Hi-ERo粒子のエネルギーを使うためには、

 

女の子に「エッチなこと」

しなければならないのです!

 

さてさて、そんな2人は

ペンギン帝国から地球を守れるのでしょうか?

 

序盤のストーリーはこのような感じで進み、

ペンギン帝国 VS 美容室プリンス

の戦いが描かれます。

 

地球の切り札・ダイミダラーには、

孝一と恭子がペアで乗り込むことに。

 

孝一くんは戦闘要員として。

 

恭子さんは乳揉まれ要員として。

 

戦闘のたびに恭子さんは

乳を揉まれるハメになります。

(戦闘時でなくても揉まれちゃうんですが…)

 

 

このように、

のっけからエロ度満開の展開が繰り広げられ、

それにあわせて「下ネタギャグ」も展開。

 

秀逸な下ネタギャグは、

本作の見どころの1つでもあります。

 

が…。

正直、画像抜きで

その面白さを説明するのは非常に難しいので、

そこはぜひ本編で確認してください。

 

作者であるなかま先生の

ギャグセンスの良さに圧倒されますし、

キャラの設定や世界観自体も全部「ギャグ」。

 

全編楽しみながら読み進められる

傑作お色気ギャグ漫画と言っていいでしょう。

 

健全ロボ ダイミダラーのおすすめポイント②(可愛いヒロイン3名 + α のエッチなシーン)

さて本作のおすすめポイントは、

前述したギャグとともに

可愛いヒロインたちが魅せるエッチなシーン

にもあります。

 

本作には、

そんなエッチシーンを盛り上げてくれる

3人のヒロイン(+ α)が登場。

 

ここでは、コミックスごとに

エッチなシーンの概要などを紹介していきます。

 

第1巻のエッチなシーン

第1巻でエッチなシーンを担当するのは、

すでに名前が挙がっている

楚南恭子さん。(23歳・巨乳)

 

孝一くんのパートナーである恭子さんは、

基本的に「揉まれ役」。

 

しかし残念なことに、第1巻の序盤は

ほとんど服の上から(着衣のまま)

胸を揉まれます。

 

そのためポロリシーンもなく、

エッチなヒロインとしてはちょっと弱いかな

という感じがしますね~。

 

中盤以降にようやくポロリシーンが登場して、

その巨乳を露わにしてくれますが…。

(©なかま亜咲/健全ロボ ダイミダラー)

 

彼女の見せ場はここまで。

 

胸を揉まれるシーンはたくさんあるものの、

ほとんどが着衣のまま。

 

肝心の裸体が描かれているシーンは

ごくわずかなんです。

 

また「胸」だけにスポットが当てられているため、

下半身メインの描写もありません。

 

こうした点がちょっと残念かな、

という第1巻です。

 

第2巻のエッチなシーン

先ほど、恭子さんのエッチシーンに関して

「彼女の見せ場はここまで」と述べました。

 

その理由は、

第2巻から主人公(ヒロイン)が変わる

からなんです。

 

第1巻の真玉橋孝一&楚南恭子のコンビは、

この後ラスト近くまで登場しません。

 

変わって第2巻からの主人公(ヒロイン)

となるのが「喜友名霧子(きゆな きりこ)」

という女子高生。

(©なかま亜咲/健全ロボ ダイミダラー)

 

この霧子ちゃんは、美容室プリンスのメンバーで

ダイミダラーのパイロットでもあります。

※ ダイミダラーは複数体存在

 

霧子ちゃんの特長は、

「ドキドキ」するとHi-ERo粒子が出せること。

 

さらに将馬くんという彼氏(普通の高校生)

がいるので、

エッチなシーンも期待できそうなのですが…。

 

残念ながら、第2巻に

霧子ちゃんのエッチなシーンはありません。

 

彼氏とイチャイチャするシーンは

たくさんあるんですけどね。

 

ですからストーリー上のヒロインではあっても、

エッチなシーンでのヒロインじゃありません。

 

そんな第2巻で

エッチなシーンを披露してくれるのは、

 

3人目のヒロインである

「リカンツ・シーベリー(通称:リッツ)」

という13歳の女の子。

(©なかま亜咲/健全ロボ ダイミダラー)

 

リッツはペンギン帝国の戦闘員で、

抜群の戦闘センスを武器に

美容室プリンスを苦しめる

敵側のヒロインとして登場します。

 

可愛らしい13歳(設定上ね)の少女が、

そのいたいけな裸体を披露してくれちゃうのは

ありがたい限りです。

 

ちなみにリッツは第1巻から登場しますが、

1巻では脱ぎません。

 

なお第2巻の + α として、

霧子ちゃんの通う高校の

「嘉数知恵子(かかず ちえこ)」先生が、

大人の女性の体を披露してくれちゃいますよ。

 

第3巻のエッチなシーン

さて、第3巻も引き続き

霧子ちゃんがヒロインとして登場します。

 

で、3巻の終盤でようやく

可愛いポロリが見られることになります。

(©なかま亜咲/健全ロボ ダイミダラー)

 

そして、リッツちゃんのエッチなシーンも

引き続き拝むことができますよ。

 

リッツは13歳でありながら

トップ81㎝・アンダー63㎝の「Dカップ」。

(この時には14歳になっていたようです)

 

対する霧子ちゃんは

トップ85㎝・アンダー66㎝の「Eカップ」。

(霧子ちゃんは18歳)

 

そのほか、第3巻には「マカロニ」という

ペンギン帝国の女性幹部(巨乳)が登場。

(ほんのチョイ役として)

 

このマカロニちゃん、

胸こそ揉まれるものの脱がないので

エッチなシーン担当ではないのですが、

可愛いので一応紹介だけしておきますね。

 

本作に出てくる女の子は、

全員とてもカワイイんです。

 

個人的にマカロニちゃんが1番好みだったので、

ぜひ脱いで欲しかった…。

 

そんなマカロニちゃんの可愛さは、

本編でご確認を。

 

第4巻のエッチなシーン

最終巻である第4巻は、

リッツ・嘉数先生のエッチなシーンが

序盤にありますが、

 

最終巻ということで

「ダイミダラー VS ペンギン帝国」

の戦いが中心。

 

そのため今までのギャグ路線が減って、

シリアスな展開が多くなっています。

 

そんな中!

ラスト近くで孝一&恭子のコンビが復活!

 

今までで一番の、

恭子さんのエッチなシーンが見られますよ。

(©なかま亜咲/健全ロボ ダイミダラー)

 

ただ、ストーリー的にはちょっと尻切れトンボ

のような結末になるため、

「これで終わり?」と思うかもしれません。

 

それもそのはず。

 

「健全ロボ ダイミダラー」には続編があります。

 

続編については

下の記事で紹介していますので、

本作とあわせてお楽しみください。

エロさが増したお色気ギャグマンガの続編!【健全ロボ ダイミダラーOGS/なかま亜咲】
今回は、秀逸な下ネタギャグとお色気で 好評を博した「健全ロボ ダイミダラー」の続編 「健全ロボ ダイミダラーOGS」を紹介します。 前作に比べるとちょっとギャグは控えめかな? という気がしますが、 エロ度はかなりパワーアップ!...

 

 

このように本作は、「秀逸なギャグ」と

「可愛いヒロインのエッチ描写」が

おすすめポイント。

 

でもわたし的には

「ギャグ漫画」として楽しめた作品でした。

 

思わずプッと噴き出してしまうような

下ネタギャグが多かったので、

ギャグ漫画好きにはおすすめしたい一作です。

 

一方、エッチ漫画として本作を捉えると、

個人的にはどうしても

「物足りなさ」を感じてしまいます。

 

もっとバンバン・ガンガン脱がして欲しかったし、

シチュエーション的にも

ヒロインが敵に捕まりエッチなことをされちゃう

ような展開も欲しかったところ。

 

かなり過激な下ネタも多かっただけに、

それに比例してエッチシーンも多ければ、

わたしにとっての不朽の名作たり得る作品

だっただけに惜しいです。

 

ただしこれは、本作を「エッチ漫画」

として捉えた場合であって、

一般漫画としては

とても楽しく読める「良作」に仕上がっています。

 

読み手によっては、

ロボット漫画としても楽しめるでしょうし、

わたしのようにギャグ漫画として

読んでも貰ってもOK。

(お色気シーンもありますしね)

 

漫画には色々な楽しみ方があって当然です。

あなたなりの楽しみ方を見つけて

ダイミダラーを堪能してください。

 

 

そんな「健全ロボ ダイミダラー」は、

わたしがふだん利用している電子書籍通販サイト

ebookjapanで試し読みができます。

 

興味を持たれた方は、

下の公式サイトで試し読みしてくださいね。

 

ebookjapanの公式サイトを見に行く

 

 

本作「健全ロボ ダイミダラー」は

アニメ化もされています。

 

アニメは、動画配信サイト「U-NEXT」

31日間の無料お試しサービス

を利用すれば全話無料で視聴可能。

 

他のアニメやアダルトアニメなども

1ヶ月間無料で観られます。

※ 全ての動画が見放題ではありません。

 

31日以内に解約すれば料金はかからないので、

無料トライアルを試してみたい!という方は、

下の公式サイトでチェックしてください。

 

U-NEXTの公式サイトを見に行く

 

 

U-NEXTについては、下の記事でも

詳しく解説しています。

404 NOT FOUND | Life is Rosy
日常生活に役立つアイテムや生活用品を紹介!

 

なお、本ページの情報は

2020年9月時点のものです。

最新の配信状況は

U-NEXTのサイトにてご確認を。

 

テキストのコピーはできません。