ちょっとニッチなマンガや二次元作品
男性におすすめのアイテムなどを紹介します!

エロコメというより「ぶっかけ」漫画!【豪デレ美少女 凪原そら/水無月すう】のおすすめポイントを紹介

おすすめマンガ

【豪デレとは?】

普段は豪気に振る舞って、

他人にはメチャクチャなことをするくせに、

自分が恥ずかしい目に遭うことには滅法弱い。

 

今回は、豪デレ美少女が登場する漫画

「豪デレ美少女 凪原そら」を紹介します。

 

以前に紹介した

へ〜んしん!! 〜そなたバーディ・ラッシュ〜

に続いて2回目の登場、

水無月すう先生の作品です。

 

わたし、この漫画で「豪デレ」なる言葉を

初めて知ったのですが、

上の意味であってるんですかね?

わたしの勝手な解釈なんですけど…。

 

ま、正確なことはよく分かりませんが、

本作はそんな豪デレなヒロインが登場する作品。

 

今回の記事では、この「豪デレ美少女 凪原そら」

のおすすめポイントを紹介していきます。

 

豪デレ美少女 凪原そらの作品データ

【作品概要】

漫画の世界から現実世界にやってきた

豪デレ美少女・凪原そら(なぎはら そら)が

巻き起こすチン騒動。

 

ジャンル的にはエロコメになると思うのですが、

一般漫画史上まれに見る「ぶっかけ」漫画

でもあります。

 

【作品データ】

作品名豪デレ美少女 凪原そら
作者水無月すう
連載誌ヤングアニマルあいらんど 他(白泉社)
連載期間2008年(平成20年)~2014年(平成26年)
単行本全4巻
電子書籍あり

 

豪デレ美少女 凪原そらのストーリー

本作「豪デレ美少女 凪原そら」は、

主人公の高校生・山川将太(やまかわ しょうた)

とヒロイン・凪原そら(なぎはら そら)&

他の女性キャラが繰り広げるエロコメ漫画です。

 

まずは、簡単にストーリーを紹介しますね。

 

【ストーリー①】

二次元の世界が大好きな主人公・将太くんは、

「たま×キス」という漫画の大ファン。

 

その日も大好きな「たま×キス」を

読んでいた彼は、ヒロインの「凪原そら」

に想いをはせていました。

 

「こんな娘が、そばにいてくれたらなぁ」

 

すると突然、読んでいた漫画本が

「カッ!」と光り、その中から…。

 

実体を持った「凪原そら」が

目の前に現れたのでした。

(©水無月すう/豪デレ美少女 凪原そら 第1巻)

 

将太君が好きな「たま×キス」に登場する

ヒロイン・凪原そらは、生まれつき不治の病に

おかされているという設定になっています。

 

そして、生まれ変わったら猫のように

自由に外を駆けまわりたいという理由から、

「猫耳」を付けている健気な少女でもあります。

 

さらに、主人公と恋に落ちるも

「病気がうつるから」という理由で

キスをしない優しい性格の彼女。

 

しかしやがて…。

 

と、まぁとにかく、漫画の中では優しく清楚で

はかなげなヒロインとして描かれているのです。

 

【ストーリー②】

夢でも見ているのかと思った将太くん。

でも目の前にいるのは確かに「凪原そら」。

 

しかも、

何か苦しそうにしているではありませんか。

 

「とりあえず何とかしなければ」

と考えた将太君は、

漫画の「たま×キス」どおりに

静かに彼女に寄り添うことにします。

 

…すると。

 

「アホか貴様」

 

信じられないセリフを、

凪原そらの口から聞いたのでした。

(©水無月すう/豪デレ美少女 凪原そら 第1巻)

 

凪原そらと話をしているうちに、彼女が

漫画に出てくる凪原そらとは全く違うキャラ設定

であることに気付く将太くん。

 

そこで、とっとと二次元の世界に

お帰りいただこうと思ったのですが…。

 

なぜか彼女は、

将太くんのことを気に入ってしまうのです。

 

【ストーリー③】

二次元の女の子が理想だと語る将太に、

何を思ったか「感動」と「漢気」

を感じてしまったそらちゃん。

 

将太を「いずれ世界を制する男」

と勘違いしてしまいます。

 

そう、世界を制する色好みの殿様として。

 

その色好みの殿様のために、

早速「側室を調達してきてやる」

と出かけるそら。

 

部屋から出て行った彼女は、

数名の女性たちをとっ捕まえてきて

下着姿にひんむき、

将太の前に差し出してこう言うのでした。

 

「しっかり中だしするのですぞ♪」

(©水無月すう/豪デレ美少女 凪原そら 第1巻)

 

こうして、憧れの凪原そらと将太くんの

チン妙な同居生活が始まるのです。

 

 

まぁこんな感じで始まる本作のストーリーは、

エロコメらしくちょっと強引な展開。

 

最初はとにもかくにも三次元の常識が通用しない

「豪気」なそらちゃんの言動に、

振り回されっぱなしの将太くん。

 

しかし次第に彼女が、豪デレな女の子だと気づき、

心惹かれていくことになります。

 

ストーリーの中盤で、なぜ彼女が

原作と違うキャラ設定になっているのか?

の謎も判明しますよ。

 

 

で、最終的にそらちゃんと将太くんがくっついて

ハッピーエンドで終わり、かと思いきや…。

 

なんか中途半端な展開で

ストーリーは終了しちゃいます。

(©水無月すう/豪デレ美少女 凪原そら 第4巻)

 

実は、本作の4冊で描かれているのは

「第一部」だったんですね~。

 

ということは。

これから2人がどうなっていくのかは

「第二部」で見られるのか~。

 

と、思うでしょ?

 

見られません。

 

だって、第2部は描かれていないので。

 

第一部が終了したのが2014年ですから、

もう描かれることはないでしょう。

 

というわけなので、

本作の見どころはストーリーにはありません。

 

 

ではどこにあるのかというと。

エロくてかわいい女性キャラたちが、

最大の見どころです。

 

エロコメですから当たり前ですけどね。

 

続いては、そんな本作のエロくてかわいい

女性キャラたちを紹介します。

 

豪デレ美少女 凪原そらのおすすめポイント①(エロかわいい女性キャラ)

それでは「豪デレ美少女 凪原そら」の

おすすめポイントである

お色気シーンを紹介していきます。

 

まずはエロシーンを演出してくれる

女性キャラの紹介から。

 

 

【鏑木亮子(かぶらぎ りょうこ)】

将太くんの幼なじみで、密かに恋心を抱く女の子。

 

ツンデレですが貧乳ではありません。

(©水無月すう/豪デレ美少女 凪原そら 第1巻)

 

 

【諸岡天花(もろおか てんか)】

そらちゃんのお陰で貧乳から巨乳に変わり、

性格も変わってしまった同級生。

 

格闘女子からほんわかタイプの巨乳ちゃんに

変わります。

(©水無月すう/豪デレ美少女 凪原そら 第1巻)

 

 

【若月忍乃(わかつき おしの)】

学校一の成績を誇る優等生。

 

後半はほぼこの娘がヒロインで、

将太くんに惹かれていきます。

(©水無月すう/豪デレ美少女 凪原そら 第4巻)

 

 

【桜坂てるの(さくらざか てるの)】

亮子ちゃんの持つマンガから出てきた

二次元のヒロイン。

 

ナイスバディの着ぐるみを着ているものの、

中身はロリ少女。

(©水無月すう/豪デレ美少女 凪原そら 第3巻)

 

 

【天花ちゃんのママ】

エロシーンはほとんどありませんが、

好みなので紹介だけ。

 

天花ちゃんに輪をかけた

爆乳のほんわかキャラですが、本性は…。

(©水無月すう/豪デレ美少女 凪原そら 第1巻)

 

 

【凪原そら】

最後に本作のヒロイン・そらちゃん。

 

ただし、そらちゃんのエロシーン自体は

とても少ないです。

(©水無月すう/豪デレ美少女 凪原そら 第2巻)

 

 

上にも書いたように、

本作はエロコメでありながら

ヒロイン・そらちゃんのエロシーンは

ほとんどありません。

 

本作のエロシーンは、ほとんどが凪原そら以外の

女性キャラクターで構成されています。

 

さらに、メインキャラ以外のモブキャラ⤵の

エロシーンもかなり多く描かれています。

(©水無月すう/豪デレ美少女 凪原そら 第4巻)

 

通常のお色気漫画では、

メインヒロインのエッチなシーンを中心に

描かれることが多いのですが、

本作はその逆のパターン。

 

そういう意味では

珍しいお色気漫画と言えるでしょう。

 

ただし、登場する女性キャラが

少女から人妻までと幅ひろく、

かつ貧乳から巨乳までそろっているので、

いろいろなエロシーンが楽しめる作品

となっていますよ。

 

豪デレ美少女 凪原そらのおすすめポイント②(「ぶっかけ」描写が多い)

さて、そんな本作のエロシーンには、

もうひとつおすすめのポイントがあります。

 

それが、「ぶっかけ」シーンが多いということ。

 

とにかく多いです。

こんな感じ⤵に。

(©水無月すう/豪デレ美少女 凪原そら 第2・3巻)

 

まぁ「ぶっかける」と言っても、

実際にかけるのは

水とかジュースとかゼリーとかですけどね。

(一般誌ですから)

 

上のシーンも、順番に

「メガネのレンズクリーナー」

「お掃除用のワックス」

「乳酸菌飲料」

をぶっかけてます。

 

ただ、このぶっかけシーンは

想像以上にエロいです。

 

そしてぶっかけシーンのほぼ全てが、

見開きページで「バーン!」と描かれている

のもポイント。

 

ですから、そのページだけ見たら…

○○○○をぶっかけている

ように仕上げられています。

 

あとは、あなたの好きなように使ってください♪

 

こうした特長あるエロシーンが、

本作最大のおすすめポイント。

 

 

でも、それだけじゃないんです。

随所に盛り込まれた、

秀逸な「二次元ネタ(ギャグ)」と

「下ネタ(ギャグ)」も見どころのひとつ。

 

とてもディープな二次元ネタもあるので、

虹オタの人たちには

堪らないのではないでしょうか?

 

エロシーンと一緒に、

笑える二次元ネタも満喫してください。

 

 

ということで今回は、

水無月すう先生の「豪デレ美少女 凪原そら」

のおすすめポイントを紹介しました。

 

基本的には、主人公とヒロインを中心にした

ラブコメ漫画。

 

そこに、エロかわいい女性キャラや

ぶっかけシーンなどのお色気描写がプラスされた

「エロコメ漫画」として

多くの方々に楽しんでいただけたら幸いです。

 

 

そんな「豪デレ美少女 凪原そら」は、

わたしがふだん利用している電子書籍通販サイト

「ebookjapan」で試し読みができます。

 

興味を持たれた方は、

下の公式サイトで試し読みしてくださいね。

 

ebookjapanの公式サイトを見に行く

 

テキストのコピーはできません。