ちょっとニッチなマンガや二次元作品
男性におすすめのアイテムなどを紹介します!

爆乳人妻のエロコメ漫画!【下町マドンナ食堂/中田ゆみ】中田ゆみは何を描いてもエロかわいい!

おすすめマンガ

今回取り上げる漫画は「下町マドンナ食堂」

 

4回目のご登場「中田ゆみ」先生の作品ですね。

 

中田先生の比較的初期の作品で、

最近のものとは違う

ちょっと変わった特長があります。

 

 

この漫画のおすすめポイントは次の2点。

  1. 人妻&エロコメ!
  2. とにかく「胸」!

 

今回の記事では、この2つを中心に

「下町マドンナ食堂」を紹介していきます。

 

ちなみにサブタイトルが

『未亡人細腕繁盛記』 となっていますが、

正確には「未亡人」ではありません。

 

下町マドンナ食堂の作品データ

【作品概要】

小さな食堂を営むおかみさん

石清水 瑠璃子(いわしみず るりこ)。

 

そこへ借金取りに来たはずが、

なぜか同居することになってしまった

新井 信吾(あらい しんご)。

 

この二人のエロコメを描いた、

「定番」の中田ゆみ作品です。

 

【作品データ】

作品名下町マドンナ食堂
作者中田ゆみ
連載誌ヤングコミック(少年画報社)
連載期間2003年(平成15年)~2007年(平成19年)
単行本全5巻
電子書籍あり

 

下町マドンナ食堂のおすすめポイント①(人妻&エロコメ)

それでは本作「下町マドンナ食堂」の

ストーリーから紹介していきます。

 

ヒロインは、女手ひとつで

小さな食堂を切り盛りするおかみさん

石清水 瑠璃子(いわしみず るりこ)。

(©中田ゆみ/下町マドンナ食堂)

 

ほのぼの・ほんわか・天然系のお母さんで、

真璃(まり)という娘さんがいます。

(©中田ゆみ/下町マドンナ食堂)

 

年齢は明記されていませんが、

真璃ちゃんが18歳なので

おそらく30代後半から40代。

 

少女のような可愛さと大人の色気をあわせ持つ、

もうタマラン人妻です。

 

 

物語は、この瑠璃子さんの食堂に

借金取り・新井 信吾(あらい しんご 25歳)

が訪れるところから始まります。

 

なんでも、お人好しの瑠璃子さんは

知り合いの連帯保証人になっており

その知り合いがトンズラしたことで

1千万円の借金を背負ってしまったとのこと。

(©中田ゆみ/下町マドンナ食堂)

 

もちろん1千万円もの大金を払えるはずもなく、

じゃあ「カラダで払ってもらおうか」てなことで、

地元のキャバレー(古!)で

働かされてしまいます。

(©中田ゆみ/下町マドンナ食堂)

 

他人の借金のため一生懸命に慣れない接客をする

瑠璃子さんの姿。

 

そんな彼女を、なんとか助けようとする仲間

(ほぼおじさん)たちの姿。

 

それを見た借金取り・信吾くんは、

情にほだされて

借金を回収することを諦めてしまいます。

 

そして、会社に帰ることもできなくなり

居場所も失った彼は、

瑠璃子さんの家でお世話になることに。

 

ここから二人のラブコメストーリーが始まります。

 

 

という、いかにも漫画チックな展開で

スタートする本作「下町マドンナ食堂」。

 

ラブコメには珍しい「人妻」がヒロイン。

 

瑠璃子さんの性格もあってか

ほのぼの系のラブストーリーとして

楽しめる作品となっています。

 

このあと、恋のライバルなんかも登場し、

二人の距離が徐々に近づいていく過程が

描かれていきます。

(©中田ゆみ/下町マドンナ食堂)

 

めぞん一刻ばりのこんな⤵告白とかもあって、

二人は無事ゴールインか!?

(©中田ゆみ/下町マドンナ食堂)

 

と思いきや。

最後に最大の難関が待ち受けているのでした。

 

 

え~冒頭にも書きましたけど、この瑠璃子さん。

 

母ひとり・子ひとりで生活していますが、

未亡人じゃないんですね。

 

実は旦那さんは生きていて、

十数年前に出ていったっきり行方不明なんです。

 

で、物語の終盤でこの旦那さん⤵が突然のご帰還。

しかも子連れで。

(©中田ゆみ/下町マドンナ食堂)

 

せっかくイイ感じになりかけた

瑠璃子さんと信吾くんの仲は

いったいどうなるの!?

 

という感じで、

クライマックスに向かっていきます。

 

 

本作の構成は1話完結。

その内容はほぼ全て、

人妻・瑠璃子さんと20代の青年・信吾くんの

ラブコメとなっています。

 

二人の恋のライバルなんかも登場させて

若干の賑やかしをみせますが、

ほとんどは、瑠璃子&信吾がメインのエピソード。

 

なので、ほんわかと包み込んでくれる

瑠璃子さんの可愛さと、

歳の差カップルのラブコメが

どのような結末を迎えるのか?

 

を楽しみながら読み進めてくださいね。

 

 

 

…と、ガラにもなく

ありきたりなことを書いてしまいました。

 

イヤイヤ。

 

確かに瑠璃子さんの可愛さも、

年の差カップルのラブコメも、

本作の見どころではあります。

 

 

でも!

この漫画は「エロコメ」。

 

そう。

 

本作「下町マドンナ食堂」最大の見どころは、

人妻・瑠璃子さんのエロシーン

に決まっているんです!

 

下町マドンナ食堂のおすすめポイント②(とにかく「胸」!)

というわけでここからは、

「下町マドンナ食堂」の

エロシーンについて紹介していきます。

 

本作のエロシーンの特長はこんな感じ。

  • とにかく「胸」が多い
  • 1話に1回は必ずポロリ
  • 瑠璃子さんメイン

 

中田先生の初期の作品だからなのか、

編集からの指示なのか分かりませんが、

この漫画はとにかく「おっぱい重視!」。

 

これは最近の中田作品にはない、

本作の大きな特長ですね。

 

下半身のシーンも多いと言えば多いんですけど、

それ以上に、

おっぱいのインパクトがとても強い作品です。

※ 乳首は自主規制で消してます。(以下すべて同)

(©中田ゆみ/下町マドンナ食堂)

 

そのほとんどが瑠璃子さんのモノ。

 

ほんわか・ほのぼの・天然の性格 + 人妻 + 爆乳

なので、よけいにエロい。

 

加えて、女性の漫画家さんだからでしょうか。

乳首の描き方がめちゃめちゃエロいです。

 

すごくリアルで上手ってわけじゃないんですけど、

なぜかめっちゃエロい。

 

これは男性の漫画家さんには出せないエロさ

だと思います。

※ お見せできなくてスミマセン。

(©中田ゆみ/下町マドンナ食堂)

 

この爆乳が、

1話に1回かならず露わになるんですから、

コレなくしてこの漫画は成り立たない

と言ってイイでしょう。

 

ちなみに、瑠璃子さん以外のポロリは

ホントに少ないです。

 

娘さんの真璃ちゃんもお母さんに負けないくらい

イイ身体をしているのですが、

ポロリシーンは2・3回だったかな?

(©中田ゆみ/下町マドンナ食堂)

 

とにかく「胸!」に焦点が当てられたエロシーン

がてんこ盛りとなっている本作。

 

爆乳人妻・瑠璃子さんのたわわな「胸」を

存分に楽しんでくださいね。

 

 

というわけで今回は、

中田ゆみ先生の「下町マドンナ食堂」

を紹介しました。

 

数多くあるエロコメ漫画のなかでも

「人妻」をメインに描いたものは多くありません。

 

なので、 まずは人妻・瑠璃子さんの

可愛いエロコメストーリーをお楽しみください。

 

そしてもうひとつ。

本作は、中田作品には珍しい

「胸」にスポットを当てた作品です。

 

それも踏まえて、1話に1回描かれる、

瑠璃子さんの包み込まれるような爆乳と

エロい乳首を堪能していただければ、

 

きっとあなたを満足させてくれる

名作になるでしょう。

 

 

さて、そんな本作「下町マドンナ食堂」は

電子書籍化されています。

 

わたしがふだん利用している電子書籍通販サイト

「ebookjapan」で試し読みが可能。

 

「下町マドンナ食堂」に興味を持たれた方は、

下の公式サイトを覗いてくださいね。

 

ebookjapanの公式サイトを見に行く

 

テキストのコピーはできません。