ちょっとニッチなマンガや二次元作品
男性におすすめのアイテムなどを紹介します!

ラブギャグ漫画の傑作!【ツルモク独身寮/窪之内英策】のおすすめポイントを紹介

名作マンガ(昭和)

今回紹介するのは、

わたしが今まで読んだ漫画のうち

好きな作品ベスト10の中に必ず入ってくる名作。

 

とにかく面白かった記憶しかない、

わたしの青春を彩った傑作でもあります。

 

それが「ツルモク独身寮」。

 

ギャグで笑い。

ラブストーリーでドキドキし。

ヒューマンドラマで感動する。

 

 

今回の記事では、そんな「ツルモク独身寮」の

おすすめポイントを紹介していきます。

 

バブル期に描かれた

極上のエンターテイメント作品を

お楽しみください。

 

ツルモク独身寮の作品データ

【作品概要】

ツルモク家具の新入社員である主人公と

独身寮に住む人たちの人間模様を描いた

コメディー漫画。

 

そして主人公とヒロインのラブストーリーも

見事に描き出した傑作青春漫画でもあります。

 

一部レビューでは「笑いあり、涙あり」

なんて言ってますけど。

正直、「涙」要素はほぼありません。

 

たっぷり笑えて楽しめて、最後は感動できる

そんなエンターテイメント作品です。

 

【作品データ】

作品名ツルモク独身寮
作者窪之内英策
連載誌ビッグコミックスピリッツ(小学館)
連載期間1988年(昭和63年)~1991年(平成3年)
単行本全11巻
電子書籍あり

 

ツルモク独身寮のおすすめポイント①(ストーリー&登場人物)

それでは「ツルモク独身寮」の

おすすめポイントとして、

ストーリーと主な登場人物から紹介していきます。

 

本作の内容をカンタンに表すとこんな感じ。

  1. 主人公が周りの人たちと共に成長していくヒューマンドラマ
  2. 主人公と2人の女性をめぐる恋模様を綴ったラブストーリー

 

ツルモク独身寮は、

この2本立てで突き進む漫画です。

 

基本的には主人公&ヒロインのラブストーリーが

軸になるんですけど、

コメディ(ギャグ)色も非常に強い作品でして。

 

「ラブコメ」というよりも「ラブギャグ」漫画

と言ってイイでしょう。

 

ただし、ヒューマンドラマという側面も

見逃すことができず、

若者たちが悩み・葛藤しながら成長していく姿も

見どころのひとつ。

 

なので、シリアス&ギャグの組み立てが絶妙な

エンターテイメント作品と表現しているわけです。

 

 

ストーリーとしては、

全編一貫したストーリーは存在しません。

 

数話から成るエピソードが固まって全体を構成し、

エピソードごとに中心となるキャラが異なります。

 

その中で、それぞれのキャラクターを中心とした

人間模様や恋愛ストーリーが展開される形ですね。

 

しかし何と言ってもこの作品の魅力は、

それぞれのエピソードを彩る

個性豊かな登場人物たち。

 

そこで、そんな魅力的な登場人物を

それぞれにまつわるストーリーとともに

紹介していきます。

 

宮川 正太(みやがわ しょうた)

(©窪之内英策/ツルモク独身寮)

 

本作の主人公。

 

高知の工業高校を卒業し、恋人のともみを残して

東京にある木工家具製作会社「ツルモク家具」

に入社します。

 

密かにインテリアデザイナーを目指している

純粋で優しく根は真面目な好青年。

 

一方で優柔不断な面もあり、

それが後々災難を招くことに…。

 

 

本作のストーリーは、この正太くんが

ツルモク家具に入社するところからスタート。

 

独身寮に入った彼は、

たまたま向かいにある女子寮で着替えをしていた

女性社員と目が合ってしまいます。

 

それがこの漫画のヒロインとなる「姫野みゆき」

だったのです。

 

姫野 みゆき(ひめの みゆき)

(©窪之内英策/ツルモク独身寮)

 

本作のヒロイン。

 

女子寮に住んでいる正太の先輩で20歳。(登場時)

 

見た目は派手系の女性ですが、

芯はしっかりしたとても可愛らしいお姉さん。

 

「きまぐれオレンジ☆ロード」のヒロイン

鮎川まどかタイプですね。

 

 

ツルモク独身寮のラブストーリーは、

正太くんとみゆきさんを中心に展開。

 

そこに正太の元カノ・ともみちゃんや

新入社員の矢崎くんなどが加わって、

三角関係を絡めながら進んで行きます。

 

当時、わたしの周りの野郎どもはみんな

「みゆきさんみたいな彼女が欲しい」

って言ってました。

 

それくらい魅力的な女性です。

 

田畑 重男(たばたけ しげお)

(©窪之内英策/ツルモク独身寮)

 

独身寮で正太と同室の先輩&部屋長。

 

正太18歳時に27歳で、彼女いない歴も27年。

 

本作品のギャグ&下ネタ担当で、

風俗通いのベテラン。

素人童貞でもあります。

 

杉本 京介(すぎもと きょうすけ)

(©窪之内英策/ツルモク独身寮)

 

独身寮で正太と同室の先輩。

 

社内No.1のイケメンで女たらし。

でも実は後輩想いのイイ奴なんです。

 

このあと紹介する「怪女」との出会いが、

彼の運命を大きく変えることに…。

 

 

この2人がいなかったら

ツルモク独身寮の面白さは半減していた

と言っても過言ではない重要なキャラクター。

 

それが、田畑&杉本です。

 

正太くんと同室になる2人の先輩は、

基本的にお笑い担当。

 

しかし最終的には、

それぞれ自分の進むべき「道」を

見つけることになります。

 

白鳥沢 レイ子(しらとりざわ れいこ)

(©窪之内英策/ツルモク独身寮)

 

白鳥沢財閥のご令嬢。

 

お金持ち + スタイル抜群。

なのに、顔が「超ブサイク」な怪女。

 

 

このお方こそ、まさに本作の救世主!

 

登場したころは杉本を追いかけまわす怪女

としてチョイ役あつかい。

 

でも後半では、レギュラーどころか

「あんたが主役?」級のキャラにまで

なってました。

 

作中で杉本くんがこのレイ子さんに告白する

エピソードがあるんですけど…。

 

メチャメチャ面白いです。

 

レイ子さんの怪女ぶりは、

ぜひ本編で確認してください♪

 

桜井 ともみ(さくらい ともみ)

(©窪之内英策/ツルモク独身寮)

 

正太が田舎(高知)に残してきた元カノ。

 

正太より1つ年下で、正太が就職して1年後に、

ともみも上京。

 

正太・みゆき・ともみの三角関係は、

本作の見どころのひとつ。

 

 

正太くんの元カノとして紹介していますが、

正確には別れていません。

 

このへんは正太くんの優柔不断な性格が

災いしてまして、

お決まりの三角関係に発展してしまいます。

 

まぁ、みゆきさんをヒロインとして

紹介しちゃってる時点で

三角関係の結末はお分かりになると思いますけど。

 

このともみちゃんも、かなり「イイ女」です。

 

 

以上の6名が本作の主要なキャラクター。

ただし他にも、個性豊かなキャラクターが

登場します。

 

  • のちのち田畑と結婚(同棲だったかな?)する「野沢 あけみ」
  • お色気ムンムンの工場長「鶴谷 ヒサ子」
  • 4人目の同室者となる新入社員「平田 はじめ」
  • 生意気な新入社員「矢崎 コージ」 などなど

 

上記の6名 + 多彩な脇キャラで展開される

ラブギャグ&ヒューマンストーリーが、

「ツルモク独身寮」のおすすめポイントです。

(©窪之内英策/ツルモク独身寮)

 

ツルモク独身寮のおすすめポイント②(ステキな終わり方)

最後に、ストーリー&登場人物以外の

おすすめポイントを紹介して

終わりたいと思います。

 

最後は「成長物語」になる

ラブギャグ漫画である本作も、

全編つうじてラブギャグ一色

というわけではありません。

 

最終巻(11巻)に近づくにつれ、

正太や周りの人たちの「成長物語」

の色合いが濃くなるため、

ギャグ色はグッと薄くなります。

 

それぞれのキャラクターが、

それぞれの将来などを真剣に考えて変わっていく。

 

その姿に、きっとあなたも共感できるでしょう。

 

バブル期を知る人はより楽しめる

時代的に「バブル」全盛のころの作品です。

 

時代背景やファッション・流行なども

当時のモノが描かれており、

バブルを知る40代以上の方であれば、

より楽しめると思います。

 

高校・大学・社会人時代を懐かしんで読むには

最適かもしれません。

 

ステキな終わり方

最終回。

インテリアデザイナーを目指して

フランスに渡った正太くん。

 

ところが、「大事な忘れ物」を取りに

一時帰国してしまいます。

(©窪之内英策/ツルモク独身寮)

 

正太くんの「大事な忘れ物」とは…。

(©窪之内英策/ツルモク独身寮)

 

くぅ~!

こんな青春送りたかったぁ~!

 

という、最後はステキな終わり方デス。

 

 

ということで今回は、わたしの大好きな作品

「ツルモク独身寮」を紹介しました。

 

30年くらい前の漫画なので、今の若い人たちには

理解できないところもあるのかな…と思います。

 

ただ。

 

本当に面白い作品は、

時代によって色褪せることがありません。

 

インターネットやスマホが無かった時代の名作を、

老若男女問わず楽しんでいただけたら幸いです。

 

 

さて、そんな本作「ツルモク独身寮」は

電子書籍化されています。

 

わたしがふだん利用している電子書籍通販サイト

「ebookjapan」で試し読みが可能。

 

「ツルモク独身寮」に興味を持たれた方は、

下の公式サイトでチェックしてくださいね。

 

ebookjapanの公式サイトを見に行く

 

テキストのコピーはできません。