ちょっとニッチなマンガや二次元作品
男性におすすめのアイテムなどを紹介します!

空想的野球マンガ【ジャストミート/原秀則】はサンデーの黄金期を支えた名作です

名作マンガ(昭和)

今回は、週刊少年サンデーの黄金期終盤

に連載されていた作品を紹介します。

 

 1980年代前半から中頃にかけてのサンデーは

「うる星やつら」や「タッチ」を筆頭に

有名な漫画が多かったため、

実は隠れた名作の宝庫でもあったりします。

 

 

そんな時代に描かれた

原秀則先生の高校野球漫画が、

本作「ジャストミート」。

 

同時期に連載され、

同じ高校野球を題材にした「タッチ」とは

真逆の路線を突き進む

空想的野球漫画の魅力をご堪能ください。

 

ジャストミートの作品データ

【作品概要】

目立ちたがり屋の主人公たちが所属する

高校野球部が甲子園出場を目指す野球漫画です。

 

が。

 

チームプレー?

仲間のため?

監督に恩返し?

 

…ハァ?

なに言ってんの?

 

そんなの関係ねぇ~!

目立ったもん勝ちだぁ~!

 

ある意味ハチャメチャな野球漫画ですけど、

面白いですよ。

 

 【作品データ】

作品名ジャストミート
作者原秀則
連載誌週刊少年サンデー(小学館)
連載期間1984年(昭和59年)~1987年(昭和62年)
単行本全19巻(文庫版は全11巻)
電子書籍あり

 

ジャストミートのおすすめポイント①(空想的野球漫画)一部ネタバレあり

最初に、本作「ジャストミート」のストーリーを

かいつまんで説明するとこうなります。

 

個性的な高校野球部が

「甲子園に出たら目立つから」

という理由だけで 甲子園出場を目指し、

 

挙句の果てには

甲子園で優勝してしまうという夢のような物語。

 

 

本作を評する際に、

「ギャグ野球漫画」や「コメディー野球漫画」

などの表現が使われることが多いのですが、

 

この漫画を一言で表現するなら

「空想的野球漫画」

という表現がぴったり。

 

もちろんお笑い要素もありギャグ・コメディー

という表現も間違ってはいません。

 

でも「ジャストミート」の魅力は、

笑いではなく次の点にあるんです。

 

 

 【空想的野球漫画たる所以】

  • 荒唐無稽な舞台設定・キャラ設定
  • 高校がビルに囲まれた都会のど真ん中にある。
  • グラウンドが内野しかない。
  • 野球部員は9名しかいない。(全員1年生)
  • もともと甲子園は目指していない。
  • 甲子園に出ればTV中継やマスコミ取材などで「目立てる」という理由だけで、甲子園出場を目指す。
  • TV中継がある・女の子が見ている・ご褒美が貰えるといった不純な動機でしか頑張らない。
  • 監督が「元プロ野球選手」であるが、そのことにさほど意味はない。
  • チームプレー、チームワーク、組織力や友情などの要素は皆無。
  • 練習しなくてもキャラの才能(個性)と運とノリだけで勝ててしまう。

 

などなど。

全くリアルさの欠片もない設定が本作の魅力

登場キャラクターについては、後ほど紹介します。

 

 

また試合展開や相手チームもハチャメチャ。

 

ただのピッチャーフライかと思われた打球が

伸びに伸びてホームランになったり。

 

負傷した選手の代わりに

女の子が変装して試合に出たり。

 

助っ人外国人のピッチャーがいるチームや

筋金入りのヤンキーたちが率いるチームが

甲子園に出てたりします。

(©原秀則/ジャストミート)

 

「こんな選手がいたら面白いな…」、

「こんなチームがあったら面白いな…」、

「こんな試合があったら面白いな…」

という空想のちょっと上を行く内容

となっているんですね。

 

そして、あれよあれよという間に勝ち進み

甲子園で優勝してしまうのも、

漫画ならではの爽快感を醸し出しています。

 

 

このように、現実では絶対にありえないような

「空想的高校野球」が

コメディータッチで描かれているんですけど…。

 

ここまでが、本作の「第1部」。

 

 

ジャストミートは2部構成になってまして。

第2部は、第1部とはうって変わった内容

となります。  

ジャストミートのおすすめポイント②(本格的野球漫画)

2部構成になっていると言っても、

明確に線引きがされているわけではありません。

 

なので、甲子園で優勝するまでを「第1部」、

その後、最終巻までを「第2部」として進めます。

 

 

○部構成でストーリーが進む漫画はよくあるので

特に珍しくはないんですけど、

本作の2部構成は

他の漫画とはちょっと趣が違っています。

 

【2部構成】

本作「ジャストミート」は、

第2部になると「作風」が変わります。

 

 

ガラっと変わるわけではなく、

徐々に徐々にコメディー路線から

「シリアス路線」に変更されていく感じですね。

 

もちろん高校野球が軸になるのですが、

女子ソフトボール部や

新入部員などの新キャラも登場し、

「本格的野球漫画 + ラブロマンス色」

が強くなっていきます。

 

さらに第2部の後半では、

第1部で皆無だった仲間を思いやるシーンや

信頼し合うシーンなども描かれて、

 

ラストに近づくほど「ホントに同じ漫画?」

と思ってしまうシリアス路線に

方向転換されますよ。

 

 

第1部の最後(甲子園優勝)も良かったですけど、

第2部のラストは「感動的」

と言ってしまってもイイでしょう。

 

本格的野球漫画だったっけ?

という内容で進む第2部が、

どんなラストを迎えるのか?

 

は…読んでからのお楽しみ♪

(©原秀則/ジャストミート)

 

 

ちなみに、この辺りの「シリアス野球漫画」は、

原先生が後に連載する「やったろうじゃん!!」

に繋がっていきます。

 

 

と、ここまで紹介したように、

本作「ジャストミート」は、

1つの漫画でコメディー&シリアスの

2つのお話しが読める異色の作品です。

 

1つで2度美味しいとまでは言いませんが、

第1部で大いに楽しみ。

(©原秀則/ジャストミート)

 

  第2部で大いに感動してくださいね。

(©原秀則/ジャストミート)

 

ジャストミートのおすすめポイント③(メインキャラクター)

それでは最後に、

本作のメインキャラクターである9名の野球部員

とヒロイン2名を簡単に紹介して、

終わりたいと思います。

 

橘二三矢(たちばな ふみや):ピッチャー

第1部・第2部を通しての

本作のダブル主人公の1人。

(第2部ではメインの主人公)

 

決め球は「フォークボール」。

 

でも、三振を取って目立ちたいがために

ほぼフォークボールしか投げません。

 

野球部のエースなので

第1部でもかなり目立っていますが、

第2部は「二三矢の物語」になります。

 

坂本天馬(さかもと てんま):センター

本作のダブル主人公の1人で、

第1部のメインの主人公。

 

無類の足の速さが売り。

 

ピッチャー前のバントでも

セーフになるほどの俊足を誇ります。

 

空想的野球漫画なので、

信じられないくらい速いです。

 

第2部でもソコソコ目立った活躍をしますが、

どちらかというと第1部の主人公

と言えるでしょう。

 

野球部の中でも群を抜いて目立ちたがり屋なのが、

この天馬と二三矢ですね。

 

音無譲(おとなし ゆずる):キャッチャー

小柄ながら野球部一の強打者で、

本作の名脇役の1人。

 

ストレートにめっぽう強く、

どんなに速い球でも直球であれば打ち返します。

(空想ですから)

 

その代わり変化球は全く打てません。

(空想ですから)

 

第2部では、二三矢の女房役として

イイ役を演じますよ。

 

麻見省吾(あさみ しょうご):サード

長髪で無口、野球部イチのモテ男。

(一応、キャプテン)

 

守備の名手で鉄壁の守りを誇ります。

 

彼も名脇役の1人ですね~。

ただ当初はそれほど目立ったキャラでは

ありませんでした。

 

第1部の途中から急に出番が増えるので、

女性読者からの人気が上がったんだと思います。

 

田中一郎(たなか いちろう):レフト

地味な存在の寡黙な男。

しかし秘めた野球の実力は相当なものがあります。

 

部内一の強肩を誇り、

リリーフピッチャーとして登板することも。

 

脇役の中では最も活躍するキャラクター

かもしれません。(第1部)

 

 

以上の5名が、本作のメインキャラクター。

他の4名はチョイ役と言ってイイ存在感なので、

簡単に紹介しますね。

 

守口要(もりぐち かなめ):ショート

チームで一番目立たない存在の男。

生来の影の薄さ

から存在すら忘れられてしまいます。

(ただ、本人は目立ちたいと思っている)

 

ショートという守備の要でありながら、

打球の大半をサードの麻見が処理してしまうため、

守備でも目立つことがないという悲しい設定。

 

でも、ちょこちょこ活躍する場面もあります。

 

柏原太(かしわばら ふとし):ファースト

野球部イチの大食漢で、かなりのパワーの持ち主。

 

しかし、悲しいかな

野球でそのパワーが活かされることは

ほとんどありません。

 

ぽっちゃり体系ではあるものの柔軟性があり、

開脚してファーストを守るにはピッタリの選手。

 

小林健(こばやし けん):ライト

チーム一の長身ですが、

上の守口よりも

目立たない存在として描かれています。

 

特長は、長身を活かした守備と外角打ちくらい。

 

前述したヤンキーチームとの試合で、

ちょこっとだけ活躍。

 

左右田秀樹(そうだ ひでき):セカンド

抜群の野球知識を持ち、

相手チームの情報分析が得意なメガネくん

 

ただし、その知識や情報分析が活かされることは、

ごくごくたまにしかありません…。

 

 

このカルテットについては、

作中でピンポイント的に活躍することはあっても、

全編通じてはやはりチョイ役の域を出ないキャラ。

 

そしてこの4人よりも重要なのが、

本作に登場するヒロイン2名です。

 

栗原美和子(くりはら みわこ)

第1部のヒロイン。

野球については全く無知な

天然系の可愛らしい女の子です。

 

第1部は、主人公である天馬と

ヒロインである美和子の青春ラブストーリー

という側面もあるんですね。

 

甲子園大会の期間中に、

天馬は美和子ちゃんと「ある約束」をします。

 

その約束を果たせないまま、

決勝戦を迎えた天馬は…。

 

という感じで第1部は

クライマックスに向かっていきますよ~。

 

森村美樹(もりむら みき)

女子ソフトボール部のキャプテンとして、

第2部から登場。

 

第2部は、主人公である二三矢と

ヒロインである美樹のラブストーリーが

物語の軸になります。

 

この2人の恋の行方が、

第2部のクライマックスに大きく影響してきます。

 

 

ということで、長くなってしまいましたが、

本作「ジャストミート」のおすすめポイント

を紹介してきました。

 

コミカルな空想的野球漫画と

シリアスな本格的野球漫画の

2本立てのストーリー。

 

プラス、個性的なキャラクターで描かれる本作は、

原先生の代表作だと思っています。

 

全盛期の週刊少年サンデーを支えていた

名作の1つです。

 

ぜひその面白さをご自身の目確かめてくださいね。

 

 

さて、そんな本作「ジャストミート」は

電子書籍化されています。

 

わたしがふだん利用している電子書籍通販サイト

「ebookjapan」で試し読みが可能。

 

「ジャストミート」に興味を持たれた方は、

下の公式サイトを覗いてください。

 

ebookjapanの公式サイトを見に行く

 

テキストのコピーはできません。