ちょっとニッチなマンガや二次元作品
男性におすすめのアイテムなどを紹介します!

エロい異世界マンガを読むならコレ!【異世界迷宮でハーレムを】のおすすめポイント

おすすめ異世界マンガ

さて今回は、みんな大好き「異世界マンガ」

を取り上げます。

 

有名なのでご存知の方も多いかと思いますが、

今回紹介するのは

「異世界迷宮でハーレムを」

という作品。

 

ラノベが原作の異世界転移モノですね~。

 

この「異世界迷宮でハーレムを」の

どこがおすすめなのか?

 

今回の記事では、

そのおすすめポイントを紹介していきます。

 

ぜひ最後までお楽しみください。

 

異世界迷宮でハーレムをの作品データ

【作品概要】

舞台は異世界。

ネトゲをしていたはずが、

いつの間にか異世界に転移してしまった

主人公のミチオ。

 

ゲームで設定したスキルを駆使して、

目指すは迷宮の攻略。

 

そして、夢の「奴隷ハーレム」!

 

【作品データ】

作品名異世界迷宮でハーレムを
作者原作:蘇我捨恥、作画:氷樹一世、キャラクター原案:四季童子
連載誌月刊少年エース(KADOKAWA)
連載期間2017年(平成29年)~
単行本既刊6巻
電子書籍あり
  • 本記事の内容は、投稿日時点での連載内容に基づいています。

 

異世界迷宮でハーレムをのおすすめポイント①(作画の上手さ)

それでは早速、「異世界迷宮でハーレムを」

のおすすめポイントを紹介していきます。

 

まずは超簡単にストーリーから。

 

自宅でインターネットをしていた

高校生の加賀 道夫(かが みちお)。

 

ふとアクセスしたネットゲームに興味を惹かれ、

とりあえず初期設定だけ完了し確認ボタンを

ポチッとな。

 

そして気づいたら、そこは異世界だった。

 

と、こんなプロローグで始まる本作。

 

その後、自分で設定した初期スキル(チート)と

たまたま出会った奴隷商を利用して、

「迷宮の攻略」と「奴隷ハーレムの構築」に

勤しむというストーリーになっています。

 

でもですね。

ぶっちゃけると。

 

わたし自身、

この漫画そのものは面白いと思っていません。

 

理由は2つ。

  1. 主人公に明確な目的がない
    • 魔王を倒すとか、王になるとか、スローライフを楽しむとか…
    • 主人公が何を目指しているのか分からない
  2. 主人公のチート能力が分かりづらい
    • 読むのがめんどくさい
    • 漫画なのに説明文が多すぎる

 

かと言って、じゃあハーレムを作るのが目的か?

と言われると、

そこまでエロ一辺倒でもないんですよね~。

 

実際いま発行されているコミックス6巻でも、

1・4・5巻には

ほとんどエロいシーンがありません。

 

「ホントこのミチオってやつは何がしたいの?」

って感じで。

 

タイトルが「異世界迷宮でハーレムを」だから、

ちょっと欲張っちゃったかな?

 

迷宮を攻略するならする、

ハーレムを作るなら作る、

でどっちかに特化したほうが

作品としては面白かっただろうと思います。

 

ただし。

 

本作には、それらを補って余りあるだけの

おすすめポイントがあります。

 

それが「作画の上手さ」。

 

作画を担当されている

氷樹一世先生のエロ描写は特筆モノ。

 

  • 女性の表情
  • 身体
  • 柔らかさ
  • ムチムチ感
  • バランス
  • しぐさ などなど

 

メチャメチャ上手いです。

 

異世界モノもエロを売りにしている漫画が

たくさんありますけど、

 

わたしが読んだ

異世界エロ漫画の中ではNo.1の画力

だと思っています。

 

このムチムチ感とかタマラナイですよね~。

 

この娘さんは「ロクサーヌ」という

狼の獣人さんで、奴隷ハーレムの1人目。

 

いま刊行されている

コミックス6冊のエロシーンは、

全てこのロクサーヌのものです。

※ 6巻の最後で、やっと2人目の奴隷ハーレムメンバーが登場。

 

というわけで、

現時点の本作のヒロインはロクサーヌのみ。

 

なので最後に、

このロクサーヌ嬢の魅力をお伝えして

終わりたいと思います。

 

異世界迷宮でハーレムをのおすすめポイント②(エロかわいいロクサーヌ)

では現在のメインヒロインである

ロクサーヌの紹介をしていきます。

 

年齢は16歳で、上に書いたとおり狼の獣人さん。

ちゃんと尻尾⤵もあります。

(©蘇我捨恥、氷樹一世、四季童子/異世界迷宮でハーレムを 第2巻)

 

でも16歳でこの身体⤵は凶器ですよね。

※ 乳首は自主規制で消してます。(スミマセン、以下同)

(©蘇我捨恥、氷樹一世、四季童子/異世界迷宮でハーレムを 第2巻)

 

初めてミチオくんと身体を重ねるのは

第2巻の終わり。

こういう⤵描写や表情も上手いですね~。

(©蘇我捨恥、氷樹一世、四季童子/異世界迷宮でハーレムを 第2巻)

 

個人的にはキスシーンで

唾液が糸を引いている描写とか大好きです。

※ キスシーンは結構多い。

 

当初は身体を重ねることに

抵抗があったようですが、

回数を重ねるごとにこんなこと⤵も

してくれちゃうように。

(©蘇我捨恥、氷樹一世、四季童子/異世界迷宮でハーレムを 第6巻)

 

慣れって怖いですね…、

イヤ、うらやましいですね。

 

性格は素直で従順。

主人想いの大変よくできた娘さん。

 

ただ、基本的に戦闘種族なので

こんな感じ⤵に、

とことん主に尽くす性格のようです。

(©蘇我捨恥、氷樹一世、四季童子/異世界迷宮でハーレムを 第6巻)

 

また時には、

母親のような優しさで包み込んでくれる母性⤵も

持ち合わせており、やっぱりイイ女なんです。

(©蘇我捨恥、氷樹一世、四季童子/異世界迷宮でハーレムを 第6巻)

 

主人公のミチオくんが高校生ということもあり、

最初の交わりはとても初々しいモノ。

 

ミチオくんは奴隷制度がない

現代から転移しているので、

大事に大事にロクサーヌを扱っている様子にも

好感が持てます。

 

それから、第6巻の最後に登場する

ロリドワーフのセリー⤵。

この娘が2人目のハーレムメンバーです。

(©蘇我捨恥、氷樹一世、四季童子/異世界迷宮でハーレムを 第6巻)

 

セリーのエロシーンは、第7巻に収録される

と思いますので、ロリエロいセリーの身体も

楽しみにしてくださいね。

 

 

ということで今回は、人気の異世界エロマンガ

「異世界迷宮でハーレムを」の

おすすめポイントを紹介しました。

 

個人的には氷樹先生の描く

かわいい女の子たちのエロかわいい姿

が見たくて読んでいます。

 

なので、必然的におすすめポイントも

エロ中心になってしまいましたけど…。

 

ま、どんな漫画でも

「売り」になるモノがあれば

人気作になりますから。

 

本作の見どころは「エロ」と「作画」。

 

これだけでも読む価値のある作品と言えるので、

未読の方はぜひ本編を楽しんでください。

 

ちなみに原作のほうでは、

すでに5人目(だったかな?)の

ハーレムメンバーが加わっているようです。

 

漫画のほうもエロかわいい女の子たち満載で

突き進んでほしいですね。

 

 

さて、そんな本作「異世界迷宮でハーレムを」

は電子書籍化されています。

 

わたしがふだん利用している電子書籍通販サイト

「ebookjapan」で試し読みが可能。

 

「異世界迷宮でハーレムを」に興味がある方は、

下の公式サイトでチェックしてください。

 

ebookjapanの公式サイトを見に行く

 

テキストのコピーはできません。