ちょっとニッチなマンガや二次元作品
男性におすすめのアイテムなどを紹介します!

【1ポンドの福音】は高橋留美子の入門マンガとしておすすめ!

名作マンガ(昭和)

今回は、日本を代表する漫画家・高橋留美子先生の

「1ポンドの福音」を取り上げます。

 

知らない人はいないくらい有名な漫画家さんで、

数多くのヒット作を描かれている高橋先生。

 

その中でもこの作品は隠れた名作と

言えるんじゃないかと思い、紹介することにしました。

 

今は亡き「ヤンサン」で1987年から連載され、

20年後に完結してコミックスが「全4巻」という

大御所漫画家さんならではの作品ですが、

るーみっくわーるどに相応しい名作となっています。

 

 

今回の記事では、この「1ポンドの福音」の

おすすめポイントをご紹介。

 

ぜひ最後までお付き合いください。

 

 

※「るーみっくわーるど」とは、

高橋留美子先生の作品や作風を称した呼び名です。

 

ちなみに本作は、10年以上前に亀梨くん主演で

ドラマ化されています。

 

それが無ければ

もっと隠れた名作たり得る作品だったんですけどね~。

 

1ポンドの福音の作品データ

【作品概要】

食いしん坊のプロボクサーの青年と、

それを見守る心優しきシスターとの

恋模様を描いたラブコメ漫画。

 

ボクシングを題材にした漫画ですが、

ボクシング漫画ではありません。

 

ラブコメです。

 

【作品データ】

作品名1ポンドの福音
作者高橋留美子
連載誌週刊ヤングサンデー(小学館)
連載期間1987年(昭和62年)~2007年(平成19年)
単行本全4巻
電子書籍あり

 

1ポンドの福音のおすすめポイント①(「ラブコメ」です)

本作「1ポンドの福音」の主人公は、

若き才能あるプロボクサー・畑中耕作

(はたなか こうさく)。

 

そしてヒロインは、ときに優しく、ときに厳しく

主人公を見守る修道院のシスター・アンジェラ。

 

主人公がボクサーなので

ボクシング漫画と思われがちですが。

 

実際は、この2人の恋模様を中心に描かれる

「ラブコメ」です。

 

 

主人公の耕作は、

とても才能あるハードパンチャーのプロボクサー。

…なのですが。

 

生来の食いしん坊でもあり、

また意志が弱い根性無しでもあるため

減量に失敗してばかりいるダメボクサーなんです。

(©高橋留美子/1ポンドの福音)

 

一方、ヒロインであるシスターアンジェラは、

修道院で働く見習いシスター。

 

減量に失敗した耕作が修道院に懺悔に行くことで

知り合い、徐々に親しくなっていきます。

 

基本的には真面目で心優しい女性ですが、

時には耕作を罵倒したり厳しく励ましたりする

気丈な一面も。

(©高橋留美子/1ポンドの福音)

 

本名は麻利絵(まりえ)さん。(苗字は不明)

修道服のベールを脱ぐと、

ショートカットで可愛らしい女性になります。

(©高橋留美子/1ポンドの福音)

 

 

本作品は1話~数話完結のエピソードで構成され、

基本的に1つのエピソードごとに

耕作のボクシングの試合が描かれます。

 

エピソードの進行パターンも大体決まっていて、

こんな感じ。

 

ひょんなことから耕作が知り合う男性

⇒ 実は次の試合相手だった

⇒ シスターとのひと悶着

⇒ 試合

⇒ 勝利

⇒ シスターとの恋の行方は?

 

こう書くと耕作のボクシングシーンがメイン

のように思われますが、そうではありません。

 

上にも書いたように内容は「ラブコメ」なので。

 

本作の見どころは、耕作のボクシングの試合を通じて

どのようにシスターとの関係が進展するか?

にあります。

 

まぁ確かにボクシングの試合シーンも

描かれているんですけど。

 

さほど迫力ある試合シーンとは言い難いですし、

決して上手くはありませんね~。

 

だって。

 

「ラブコメ」ですから。

 

 

ちなみに、ボクシングのシーンで一番多いのは、

耕作がサンドバッグを打っているシーン

だったりします。(こんなの⤵)

(©高橋留美子/1ポンドの福音)

 

ですからボクシングメインの漫画と思って

読んでしまうと、肩透かしを食らうでしょう。

 

以前に紹介したリンかけでも書きましたが、

わたしボクシング漫画が好きなので結構読むんですね。

 

で、今まで読んだボクシング漫画と比較すると、

明らかに「ボクシングを描く」という部分での質は

落ちます。

 

だって。

 

「ラブコメ」ですから。

 

最終的に耕作とシスターの仲がどうなるのか?

この点をメインに、ボクシングはオマケ

として楽しむマンガだと思ってください。

 

 

そんなこと言っても。

どうせ最後はくっついてハッピーエンドでしょ?

とか思ってます?

 

いやぁ~。

 

どうですかねぇ~?

 

1ポンドの福音のおすすめポイント②(高橋留美子の入門マンガ)

わたしは高橋留美子という漫画家さんは、

「ラブコメ」と「ホラー」を描かせたら

天下一品の漫画家さんだと思っています。

 

高橋先生の代表的な長編作品である

うる星やつら・めぞん一刻・らんま1/2は、

全部ラブコメ。(古くてスミマセンね)

 

また、ホラー色の強い漫画としては

「人魚シリーズ」が代表的な作品として挙げられます。

 

 

本作「1ポンドの福音」を高橋作品になぞらえて

表現するなら、こんな感じでしょうか。

 

「うる星やつら」と「めぞん一刻」を足して

2で割った縮小版。

 

ヒロインのシスターアンジェラに想いをよせる耕作。

 

それを解っていてまんざらでもないのに、

どっちつかずの態度をとるシスター。

 

主人公の耕作は、うる星やつらの「あたる」のように

女性に対してストレートな感情表現をする一方で、

 

めぞん一刻の「五代くん」のように

女性に対して一途な部分もあります。

(©高橋留美子/1ポンドの福音)

 

そしてヒロインのシスターアンジェラは、

まんまめぞん一刻の「響子さん」の縮小版ですね。

 

修道女としての立場、自分の生い立ち、

周りの人たちのお節介などの板挟みにあって、

本当は好きなのになかなか決断できない辺りも

似ています。

 

さらに、耕作と付き合っているわけでもないのに

他の女性に嫉妬してしまうあたりは、

響子さんそのまんまと言えるでしょう。

 

こうした耕作の一途な想いやシスターの性格は、

コミックス第3巻の「よろめく子羊」

というエピソードで分かりやすく描かれています。

 (©高橋留美子/1ポンドの福音)

 

 

おそらく古くからの高橋先生のファンであれば、

この辺のニュアンスはお解りいただけるでしょう。

 

ただ、高橋先生の作品を読んだことがない人には、

ちょっと伝わりづらいかもしれません。

 

しかし!

 

それは逆に言うと、

「1ポンドの福音」を読めば、

高橋作品の魅力を理解することができる

ということでもあります。

 

これを読めば「高橋先生の作風はこんな感じなんだな」

っていうのが分かってもらえるってことですね。

 

そういう意味で本作は、「高橋留美子の入門マンガ」

としてピッタリの作品。

 

長編が多い高橋作品の中で、

全4巻という手ごろなボリュームも◎。

 

  • 巻数が少ない
  • 気軽に楽しく読めるラブコメ
  • 高橋留美子色が詰まっている

 

こんな特長を持った本作で、

是非るーみっくわーるどの魅力に触れてみてください。

 

 

さて、そんな本作「1ポンドの福音」は

電子書籍化されています。

 

わたしがふだん利用している電子書籍通販サイト

「ebookjapan」で試し読みが可能。

 

「1ポンドの福音」に興味を持たれた方は、

下の公式サイトを覗いてください。

 

ebookjapanの公式サイトを見に行く

 

テキストのコピーはできません。