ちょっとニッチなマンガや二次元作品
男性におすすめのアイテムなどを紹介します!

【星守る犬/村上たかし】感動&ハートフルなヒューマンストーリーの名作漫画

名作マンガ(平成)

今回は、以前に紹介した短編ギャグマンガ

ナマケモノが見てたの村上たかし先生が描く

「星守る犬」という作品を取り上げます。

 

「ナマケモノが見てた」と同じ作者が描いた

とは思えないほど作風に違いのある本作は、

心温まる感動ヒューマンストーリー。

 

読む人によっては号泣してしまうかもしれません。

 

 

今回の記事では、そんな「星守る犬」の

おすすめポイントを

あらすじとともに紹介していきます。

 

実写映画化もされている作品ですが、

やっぱり原作が一番イイですね。

 

星守る犬の作品データ

【作品概要】

4つのエピソードと2ページのエピローグ

から成る短編集。

 

それぞれのエピソードは独立しているものの

ちょっとした部分でつながっているという

なかなか趣向を凝らした作りになっています。

 

各エピソードには、すべて違った「犬」が登場。

 

それらの犬と飼い主と周りの人たちとの

心温まるストーリーが展開されます。

 

心がすさんでいる時にオススメしたい

ハートフルな感動作品です。

 

【作品データ】

作品名星守る犬
作者村上たかし
連載誌漫画アクション(双葉社)
連載期間2008年(平成20年)~2009年(平成21年)
単行本全2巻
電子書籍あり

 

星守る犬のあらすじ①(星守る犬)

それでは本作「星守る犬」のあらすじを

ネタバレなしで紹介していきます。

 

このマンガには、次の4つのエピソード

が収録されています。

 

  1. 星守る犬
  2. 日輪草(ひまわりそう)
  3. 双子星
  4. 一等星

そして最後2ページのエピローグ。

 

基本となるのは最初のエピソード「星守る犬」で、

他の3つのエピソードは、この「星守る犬」と

何らかの形でつながっています。

 

そして全編で、

「犬」が物語のキーになっているのも特長。

 

まずは最初の

「星守る犬」から紹介していきますね。

 

 

ある日、元気な女の子・みくちゃんが

捨てられていた仔犬を拾います。

 

その仔は「ハッピー」と名付けられ

みくちゃんちの家族の一員に加わりました。

 

ハッピーと遊ぶのはみくちゃん。

ごはんをあげるのはお母さん。

散歩につれてくのはお父さん。

 

家族みんなに可愛がられたハッピーは

幸せいっぱいでした。

(©村上たかし/星守る犬)

 

 

しかし、時は流れ…。

 

すっかり大人になったみくちゃんは

ハッピーに見向きもしなくなり。

 

ごはんをくれるのも、

お母さんからお父さんにかわり。

 

一番ハッピーの面倒をみてくれたお父さんも

病気になり、

仕事を失い、

無口になってしまいます。

 

挙句の果てには、お父さんとお母さんが離婚。

 

幸せだった家族は、みな違う方向に目を向け

バラバラになってしまうのでした。

(©村上たかし/星守る犬)

 

 

車とわずかなお金とハッピーが残ったお父さんは、

故郷を目指して旅に出ることにします。

 

ハッピーと二人、故郷でのんびり暮らそうと

考えたわけですね。

(©村上たかし/星守る犬)

 

 

道中、お父さんの持病が悪化したり

助けた少年に財布を盗まれたり

ハッピーが病気になってしまったり

といろいろなことがありましたが。

 

二人の旅は楽しく幸せなものでした。

(©村上たかし/星守る犬)

 

 

そんな二人の旅の結末は…?

 

 

最後は「星守る犬」のタイトルどおりになります。

 

 

おとうさん。

こんやもほしがいっぱいですね。

 

 

 

やっべぇ、書いてて泣きそうになっちゃいました。

 

本作の犬たちは、人間の言葉をしゃべります。

 

しゃべるというより、犬の「心の声」を

人間の言葉として表現しています。

※ 人と会話ができるわけじゃありません。

 

これは、スゴクよかったですね。

 

犬の気持ちや心の内がわかるので、

スッと作品に感情移入できます。

 

「ナマケモノが見てた」が、

動物たちを擬人化させた作品なので、

こうした作りは、さすが村上先生。

 

 

このエピソードはお父さんとハッピーの物語です。

 

ふつうはハッピーとみくちゃんの物語に

なりそうな感じなのに、

そこをあえて「お父さん」にしたのもスバラシイ!

 

お父さんはわたしよりちょっと年上なんですけど。

 

もしかしたら、

 

「こういう人生も悪くないんじゃないか?」

 

エピソードを読み終わったあと、

そんな感傷に浸ってしまいました。

 

これも「お父さん」をメインに据えたからこそ。

 

お父さんとハッピーが、どんなラストを迎えるのか?

ぜひ本編で確認してください。

 

星守る犬のあらすじ②(双子星)

え~っと、次は2つ目のエピソード

「日輪草(ひまわりそう)」を紹介しよう

と思ったんですけど…。

 

この「日輪草」の内容は、上の「星守る犬」の

ネタバレをしないと紹介できないんですね。

 

なので、「日輪草」の内容は端折っちゃいます。

 

簡単に言うと、

ケースワーカーのおじさんと

むかし飼ってた犬とのエピソード。

 

そこに「星守る犬」のおじさんとハッピーが

絡んでくるストーリーになってます。

(©村上たかし/星守る犬)

 

 

ということでここでは、

3つ目のエピソード「双子星」のあらすじを

紹介します。

 

個人的には4つのエピソードの中で一番好きな話。

 

「ハートフル」という意味では、

このエピソードが一番いいストーリーです。

 

ちなみにここから第2巻になり、

コミックスは「続・星守る犬」となってますよ。

 

 

この「双子星」のヒロイン?は

偏屈で気難しいおばあちゃん・長野さん。

 

長野さんが、死にかけの仔犬を拾うところから

エピソードは始まります。

 

 

「ぼちぼち死んでもイイかね…」。

一人暮らしでお世話をしてくれる人もいない

長野さんは、そんなことを考えていました。

 

そこへ死にかけの仔犬を見つけたもんで

この仔が死んだら、わたしも死のう…。

 

そう考えて、仔犬を拾ったのでした。

(©村上たかし/続・星守る犬)

 

 

ところが。

 

意に反して、仔犬の体調は快方に向かいます。

 

だれに頼ることもなく

ひとりで生きてきた長野さん。

 

しかし風邪を引けば、

そばで心配した様子で見守ってくれ、

布団に潜り込んで一緒に寝てくれる仔犬に

しだいに情がうつっていきます。

 

そんな仔犬と一緒にいるうちに

死にたいという気持ちが薄れ、

一緒に生きていくことを考え始めるのでした。

 

「生きてくほうがつらいのにさ。」

(©村上たかし/続・星守る犬)

 

 

そう思い始めた矢先、

 

今まで元気そうだった仔犬の体調が

悪化してしまいます。

 

果たして、仔犬の運命は!?

(©村上たかし/続・星守る犬)

 

 

というのが「双子星」のあらすじとなります。

 

正直、このあらすじでは

「どこがハートフルなのか?」

分かんないと思うんですけど。

 

それは仔犬が病気になったあとから

ハッキリと描かれます。

 

だからネタバレになっちゃうので

ここまでにしときますね。

 

 

偏屈で意固地なおばあちゃんが、

仔犬との出会いをつうじて変わっていく姿は

 

人間、いくつになっても成長できるな。

人間、ちょっとしたことで変われるんだな。

 

ということを学ばせてくれる心温まるストーリー。

 

そして自分では気づかないけど、

 

人間、ひとりじゃ生きていけないんだな。

 

ということも改めて思い知らせてくれる

ヒューマンドラマでもあります。

 

おばあちゃんの周りを取り囲む人たち(数名)

もイイ味だしてますんで、

ぜひ本編で確認してください。

 

星守る犬のあらすじ③(エピローグ)

で、最後は4つ目のエピソード「一等星」。

なんですが。

 

実はコレも1つ目のエピソード「星守る犬」と

深く関わってまして。

 

ネタバレしないといけないので、スミマセン、

端折っちゃいます。

 

具体的には「星守る犬」で

おじさんの財布を盗んだ少年がメインのエピソード。

 

不幸な境遇にある少年と犬とおじいちゃんの

心温まるエピソードです。

 

加えて、昨今ニュースでも取り上げられる

シングルマザーの育児放棄に対する問題も

描いている意欲作でもあります。

(©村上たかし/続・星守る犬)

 

 

ということで、

本作「星守る犬」の4つのエピソードを

紹介してきました。

 

  1. 星守る犬
  2. 日輪草(ひまわりそう)
  3. 双子星
  4. 一等星

 

極力ネタバレしたくないので、

2つ目と4つ目は端折っちゃいましたけど。

 

お気づきでしょうか?

 

3つ目の「双子星」だけ、

1つ目の「星守る犬」と関わっていないことに。

 

 

でも大丈夫。

 

最後に描かれている

たった2ページのエピローグでつながります。

 

ま、エピローグはコミックス描き下ろしなんで、

ちょっと無理やり感がないわけでもないんですが。

 

独立した4つのエピソードを、

完全にリンクさせるのではなく、

ちょっとだけ関連性を持たせているという点も

本作を読む上でのポイントでしょうね。

 

その関係性を示すと、こんな感じ⤵。

※ 双子星と一等星もちょっとリンクしています。

 

 

おそらく、一番感動するのは表題作「星守る犬」。

あとの3つは、

感動というより温かいヒューマンドラマですね。

 

職場や家庭や学校などの人間関係に疲れたとき

イライラしたとき、ストレスが溜まっているとき。

 

そんなときに、あなたの心を癒す清涼剤として

じっくり読んでもらいたい、そんな名作です。

 

 

本作「星守る犬」は、電子書籍化されています。

 

わたしがふだん利用している電子書籍通販サイト

「ebookjapan」なら無料で試し読みが可能。

 

「星守る犬」を読んでみたい!という方は、

ebookjapanでチェックしてください。

 

ebookjapanの公式サイトを見に行く

 

テキストのコピーはできません。