ちょっとニッチなマンガや二次元作品
男性におすすめのアイテムなどを紹介します!

ちょっぴりエッチなラブコメ漫画【らずべりぃMix/高倉みどり】はとても惜しい!作品です

おすすめマンガ

今回紹介する漫画は、高倉みどり先生の

「らずべりぃMix」という作品。

 

いわゆる三角関係を描いた

お色気学園ラブコメで、

内容としてはふつうに面白いです。

 

ただですね。

ひじょ~に「惜しい!」作品でもありまして。

 

すごくイイ設定をしているのに

それを活かしきれていない!

 

その設定をうまく活かせれば、

とても面白い「エロコメ」になっただろう

というラブコメ漫画です。

 

 

今回の記事では、そんな「らずべりぃMix」の

「惜しいポイント」と「おすすめポイント」を

紹介していきます。

 

ぜひ最後までお付き合いください。

 

らずべりぃMixの作品データ

【作品概要】

ラブコメの定番、

高校を舞台にした三角関係モノ。

 

ひょんなことから「ある不思議な能力」

が使える道具を手にした主人公。

 

その「不思議な能力」をアッチ方面に活かせれば

もっと面白いエロコメになったのになぁ。

 

【作品データ】

作品名らずべりぃMix
作者高倉みどり
連載誌月刊少年マガジン増刊GREAT(講談社)
連載期間2007年(平成19年)~2009年(平成21年)
単行本全4巻
電子書籍あり

 

らずべりぃMixの惜しい!ポイント(生殺しの設定)

ではまず、本作「らずべりぃMix」の

プロローグから紹介していきます。

 

 

本を読むのが好きなごく普通の高校生

滝 博正(たき ひろまさ・高2)が、

いつものように学校の図書室で

本を探していると…。

(©高倉みどり/らずべりぃMix)

 

本棚の上のほうに

「古びた本」があるのを見つけます。

 

もの凄く古びてボロボロの本が気になった彼は、

何とかその本を取ろうと頑張ります。

 

すると。

古びた本に挟まっていたあるモノが、

カランと落ちました。

(©高倉みどり/らずべりぃMix)

 

本棚から落ちたもの。

それは「古びた筆」。

 

ちょっと興味を引かれた滝くんは、

とりあえずその筆を拾い、

さらに古びた本を取ろうと背伸びをします。

 

と、その時。

 

手に持っていた筆が偶然、

図書室の壁をこすってしまいます。

(©高倉みどり/らずべりぃMix)

 

ポワ~ンと光ったかと思うと、

こすった部分の壁が「透けて」

隣の部屋が覗けるようになっていました…。

 

そう、その筆は、

こすったものを透明にすることができる

「魔法の筆」だったのです。

(©高倉みどり/らずべりぃMix)

 

 

というプロローグで始まる「らずべりぃMix」。

 

どうですか?

この設定。

 

ソソられますよね。

 

筆でこすった部分を透明にできるんですよ、

透明に。

ということはですよ、

いいですか?みなさん。

 

こんなことができちゃうようになるんです。

  1. 壁をこすれば隣りの部屋を覗くことができる
  2. 服をこすればその服が透けることになる
  3. 自分をこすれば透明人間になることができる

 

どうですか?

最高ですよね。

 

エロコメとしては最高の設定。

ベタですが、最高です!(筆だけに…)

 

何度も言いますがベタでも最高です、高倉先生!

特に「透明人間になれる」という設定は、

これから始まるエロコメを予感させるに

十分な設定じゃないですか。

 

だって透明人間と言えば、その昔

「Oh!透明人間」

という有名なエッチ漫画がありましたからね。

 

【作品概要】

イクラを食べると

透明人間になってしまう高校生

荒方透瑠(あらかた とおる)が主人公。

 

透明人間になった主人公が

ひたすらエッチなことをしまくる

昭和を代表するコメディーエッチ漫画です。

 

ちなみにイクラを食べても

服は透明にならないため、

全裸になる必要があります。

 

【作品データ】

作品名Oh!透明人間
作者中西やすひろ
連載誌月刊少年マガジン(講談社)
連載期間1982年(昭和57年)~1987年(昭和62年)
単行本全11巻
電子書籍あり

 

 

本作の設定は、

上記の「Oh!透明人間」に+α が加算。

どうしたって、

この後の展開に期待せざるを得ません。

 

さてさて、ではこの漫画では

どんなエッチなシーンが描かれているのかな?

と期待しながら読み進めていくと…。

 

 

…。

……。

………。

…………大変申し訳ございません。

 

 

実は、本作には

期待したほどのエッチシーンはない

のです。

 

以前に紹介したつきあってよ!五月ちゃん

に輪をかけた「ソフト描写」。

 

女性キャラの下着や水着、

パンチラ・胸チラ・尻チラなどはあります。

 

でも、肝心の女性の裸体は描かれていません。

ポロリシーンもありません。

 

 

主人公の滝くんは、

われわれ読者の期待とはまったく違う目的で

魔法の筆を使いやがるのです。

 

女子のおしゃべりを聞くために使ったり。

サッカーの試合のために使ったり。

文化祭のマジックショーで使ったり。

 

なにやってんだ!?

滝!

 

エロコメとして

最高の設定を手に入れたにもかかわらず、

 

なにやってんだ!?

お前は!

 

覗くだろ?

触るだろ?

脱がすだろ?

潜入するだろ?

男なら!

 

しかもこの魔法の筆には、

女性の体をこすると泥酔状態にすることができる

というさらなる+α があるのに、

この設定もまったく活かされないまま終了。

 

作者の高倉先生が女性だからなのか、

編集からの指示なのか。

終始一貫してソフトなお色気描写。

 

女性の漫画家さんでも

エロ描写が上手な人はいっぱいいますからね~、

大人の事情があったんでしょう、きっと。

 

 

ま、それくらい「エッチな描写」に関しては、

非常にソフトな内容

であることはご承知おきください。

 

だから本作は、ふつうの学園ラブコメとして

「その他大勢のマンガ」と同じ扱いに。

 

魔法の筆の設定さえもっと上手に活かせれば…。

アニメ化?くらいされる作品に

なったんじゃないですかね~。

 

つくづく惜しい!作品。

マンガでもアニメでも、

何かひとつ抜きんでたものがあれば

人気作になるんですから。

 

らずべりぃMixのおすすめポイント(ラブコメとヒロイン)

最初に「惜しい!ポイント」を

紹介してしまったため、

この漫画が「面白くない」と思われたあなた。

 

いえいえ。

決してそんなことはないんです。

 

ということで最後に、

本作「らずべりぃMix」のおすすめポイント

を紹介して終わりたいと思います。

 

 

まず本作のラブコメ部分ですが、

内容としては至ってオーソドックス。

 

主人公の滝くんとヒロインの女の子2人

をめぐる三角関係が展開され、

最終的にどっちにするの?という内容です。

 

途中で恋のライバルとなるキャラクター

が登場するのもお決まりのパターン。

 

過去、多くの漫画家さんが

多くの作品で描いてきた内容なだけに、

オーソドックスな分、

安定して面白いラブコメと言えるでしょう。

 

加えて本作にはお色気シーン(ソフトですけど)

も組み込まれているため、

ちょっとドキドキしながら読めるのも

おすすめポイントですね。

 

 

メチャメチャ面白い!

という作品ではありませんが、

全4巻という短い漫画なので

手軽に楽しく読めるのも魅力です。

 

そして、本作最大のおすすめポイントは、

やっぱりヒロイン役の女の子(2人)が

個性的で可愛いこと。

 

その本作を彩るヒロインが、この2人です。

 

熊川 あかり(くまかわ あかり)

滝くんの同級生で高校2年生。

巨乳で見た目はとてもカワイイ女の子。

 

でもガサツで男の子っぽい性格

として描かれています。

(©高倉みどり/らずべりぃMix)

 

しかしストーリーが進むにつれ、

ふつうの女の子としての素直さや純情さ、

男性やエッチなことに対する興味

なども描かれるように。

 

それにつれて、主人公である滝くんとの距離も

縮まっていきます。

 

ちょっと鈍感で天然なところも

魅力的な女の子ですね。

(©高倉みどり/らずべりぃMix)

 

タイプ的には「ちはやふる」

の千早ちゃんみたいなタイプかな。

 

見た目も千早ちゃんに似ているので、

顔は千早ちゃん、胸は奏ちゃんって感じ。

(言い過ぎか)

 

森園 美緒(もりぞの みお)

図書委員をしていることから主人公と知り合う

「学校一の美少女」。

 

滝くんやあかりちゃんと同じく高校2年生です。

(©高倉みどり/らずべりぃMix)

 

この美緒ちゃん、

すごくイイです。

 

見た目は清純な美少女なんですけど、

実は小悪魔女子。

 

少々ツンデレも入ってて、

女の子らしい可愛さがよく表現されています。

 

第1話で滝くんと親しくなり、

早々に小悪魔ぶりを発揮しますよ。

(©高倉みどり/らずべりぃMix)

 

周りの人たちには

「清楚な美少女」として振る舞い、

滝くんにだけ

小悪魔としての本性を見せるのもイイ演出。

 

その小悪魔的な性格も

「可愛いな」と思える程度に

仕上げられているのが魅力ですね。

 

 

この2人のヒロインを

それぞれの性格に合わせて

きちんと描き分けている点が、

本作のラブコメの面白さ。

 

根は純情なあかりちゃんが恥ずかしがるシーンや

みおちゃんが小悪魔ぶりを発揮するシーンなどは

見どころのひとつと言えるでしょう。

 

お色気シーンもこの2人が中心になります。

 

またチョイ役ではありますが、

片山 恵梨奈(かたやま えりな・高1)という、

小柄なメガネボインちゃんも登場しますよ。

(©高倉みどり/らずべりぃMix)

 

この可愛くて個性的な2人のヒロインと

主人公との三角関係がどうなるのか?

は、最終回までのお楽しみです。

 

 

ということで今回は、

高倉みどり先生が描く「らずべりぃMix」の

「惜しいポイント」と「おすすめポイント」

を紹介しました。

 

本作は、ソフトなエッチ描写

+ 王道ラブコメ

+ 可愛いヒロイン

で構成される作品です。

 

ですから、読む人によっては

ソフトなお色気でも満足できる「エッチ漫画」

と言えるでしょうし、

 

ラブコメが好きな人には「王道ラブコメ漫画」

として楽しんでもらえるでしょう。

 

漫画の楽しみ方・受け止め方は人それぞれ。

 

今回のレビューが、

あなたの楽しいマンガライフの

一助になれば幸いです。

 

 

そんな本作「らずべりぃMix」は

電子書籍化されています。

 

わたしがふだん利用している電子書籍通販サイト

「ebookjapan」で試し読みが可能。

 

「らずべりぃMix」に興味を持たれた方は、

下の公式サイトを覗いてくださいね。

 

ebookjapanの公式サイトを見に行く

 

 

また途中で紹介した「Oh!透明人間」も

ebookjapanで試し読みができます。

 

昭和の名作エッチ漫画を味わってみたい方は、

こちらも要チェック。

 

テキストのコピーはできません。