海外コスメ・サプリ・メンズコスメのお得情報をお届け

若返り健康器具【ヒップキュット】でヒップアップ・便秘改善・血行改善・むくみ改善・尿モレ予防!

angel-2591973健康器具(健康グッズ)

突然ですが、「肛門括約筋(こうもんかつやくきん)」て、ご存知ですか?

【肛門括約筋とは?】

肛門括約筋は、排便などに際して肛門を広げたり縮めたりする筋で、内側の「内肛門括約筋」と外側の「外肛門括約筋」の2種類からできています。

  • 内肛門括約筋
    • 内肛門括約筋は腸の筋肉の一部で、平滑筋という自律神経がコントロールする筋肉です。
    • 内臓の筋肉の一部である内肛門括約筋は、おしりを締めようと意識しなくても、自律神経のはたらきでおしりを締めてくれます。
  • 外肛門括約筋
    • 外肛門括約筋は体性神経支配の横紋筋で、手や足の骨格筋と同じく、自分で締めることができます。

 

内肛門括約筋は普段、肛門を閉じてくれていますが、肛門の近くまで便が降りてくると緩んでしまいます。

しかし、その時は「便意」を感じることができるので、便がもれないように、外肛門括約筋を締めることができます。

このように肛門の締まりは、平滑筋(内肛門括約筋)と横紋筋(外肛門括約筋)の協調作業で調整されているのです。

 

なぜ、このような話をしたかというと、肛門括約筋は、体幹をつかさどる最も底にある重要な筋肉で、ここを鍛えると体幹機能が向上すると言われているからです。

そして、肛門括約筋を鍛えることは「アンチエイジング」にも効果があるとされています。

そこで今回は、この肛門括約筋に直接作用して骨盤底筋を鍛えることが出来る健康器具「ヒップキュット」を紹介します。

商標登録・実用新案も認可されている、今注目の健康器具です。

hipkyu0123

(今すぐ実感したい方は、こちら⤴から)

 

ヒップキュットのセールスポイント

「ヒップキュット」は、下図のような器具で、基本的な使い方は、次のようになっています。

  1. ヒップキュットの真上に「肛門」部分を乗せるように座ります
  2. 肛門括約筋「10回締め3回」を1セットとして1日3回以上行います
  3. あぐらなどの座位のケースでも同じようにできます

hipkyuto01_01

(ヒップキュット/公式サイトより)

 

腰を曲げて座る姿勢は、その分岐点で血液やリンパが滞り、むくみや疲れを引き起こします。

そのような時に「ヒップキュット」を使用すれば、臀部(でんぶ)の筋肉がポンプ運動を始め、血流が良くなり疲労回復、疲れを感じにくくなります。

また、「ヒップキュット」を使うと肛門・骨盤周辺だけでなく、全身の筋肉ににさまざまな刺激を与えることができます。

特に、肛門括約筋には直接的に作用します。

前述したとおり、肛門括約筋は体幹の最も底にある重要な筋肉なので、毎日数分のヒップキュット運動をするかしないか、たったそれだけの違いで生活が大きく変わってくるのです。

そして、そんな「ヒップキュット」には、具体的に次のような効果があります。

 

【ヒップキュットの効果】

  1. ヒップアップ
    • お尻のたるみは、老化による臀部の筋肉の衰えが原因で、年齢とともに筋肉が落ち、脂肪がついて形が崩れることで引き起こされます。
    • 「ヒップキュット」のお尻締め運動は、ヒップアップ効果を生みます。
  2. 便秘改善
    • 便をスムーズに排出するためには、腹筋や肛門周りの筋肉の力が欠かせません。
    • ここが衰えると便秘の原因になるため、ヒップキュット運動が直接的に肛門括約筋に作用しスッキリさせます。
  3. 尿モレ予防
    • 1番の原因は、骨盤底筋の衰え、それに直接関わる肛門括約筋の弛みです。
    • そこに、くしゃみ、咳などでお腹に強い圧力が加わると、膀胱に負荷がかかり尿モレが起きてしまいます。
    • このような尿モレは、肛門括約筋を鍛えることで不安がなくなります。
  4. 血行改善
    • 下半身の筋肉の量が増えると基礎代謝が良くなり、免疫力が上がり風邪をひきにくくなります。
    • 血液の循環もスムーズになり、乾燥やくすみ、シワ、吹き出ものといった肌トラブルからも解放されます。
  5. むくみ改善
    • 骨盤が開くと足の血液の循環やリンパの流れが悪くなり血管に老廃物が溜まるようになります。
    • 老廃物が蓄積されるほど足のむくみは悪化するので、ヒップキュット運動により骨盤を締め、老廃物を流れやすくします。
  6. 生理痛・生理不順の改善
    • 冷え性で血行が悪い人は、子宮が硬くなっていることで生理痛が増す傾向があります。
    • ヒップキュット運動は、子宮筋肉を柔軟にするので生理が順調になります。(柔らかい子宮は血行も良く、生理痛が軽くなります)

 

このような効果が期待される健康器具「ヒップキュット」は、白鳥一彦(しらとり かずひこ)先生が考案されました。

白鳥先生は、1954年3月28日生まれで、「KAZU先生」の愛称で親しまれるアンチエイジングの実践指導者です。

シーズニング・ファスティングの提唱者でもあり、ヒップキュットの開発やアンチエイジングやヒトの健康に関する出版サポートなど幅広く活躍されています。

ですから、巷に出回っているような「怪しい」健康器具ではありませんので、「ヒップキュットについて、もっと詳しく知りたい!」という方は、こちらの公式サイトを覗いてみてください。

KAZU先生の顔だし写真も掲載され、医療・環境ジャーナリストである船瀬俊介氏の動画も視聴できます。


若返り健康器具/ヒップキュット

 

 

尚、上記の医療・環境ジャーナリストである船瀬俊介氏の著書である「元気になりたきゃ、お尻をしめなさい」にて、「ヒップキュット」が紹介されています。

この「元気になりたきゃ、お尻をしめなさい」は、Amazonの「Kindle unlimited」にご登録いただくことで、無料で読むことができます。

「元気になりたきゃ、お尻をしめなさい」を無料で読んでみたい!という方は、「Kindle unlimited」の公式サイトを覗いてみてください。

テキストのコピーはできません。